ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★老後の田舎暮らしは お金がかかる





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

帰省から戻った昨日は
かなり疲れて居たらしくて
泥のように眠りました


在来線で
のんびり旅が好きになった理由 

在来線でのんびり旅が好きになった理由 1

 もちろん旅費が安くつくから
 景色を堪能したいから
 ローカルな気分を楽しみたいから
 のんびりした気分に成りたいから
 時間にせかされたくないから

新幹線は
ビジネス的な香りが濃厚だけど
ローカルな在来線は
地元の素朴な香りを味わえます。

2015年の帰省から
在来線での帰省になったけど
これは最高

在来線でのんびり旅が好きになった理由 2

こんな風景を見る度に
老後にはこんな風景を
毎日見て過ごしたいかもと思うけど

現実的には
ひとり暮らしの御身で車も無いのに
老後に田舎に住んで住まうと
買い物に不便で、
病院にすら行けず
最悪な老後に成りそうで
無理ですよね。

在来線でのんびり旅が好きになった理由 3

田舎に住んでる
両親を見て思ったことは

老後の田舎暮らしは
お金がかかる

田舎はとにかく
車がないと移動に困るわけで
実家に帰ったら、
いつの間にか新車に成っていて

88歳で米寿を迎えた父は
運転をしなくなったそうだけど
83歳に成った母は
認知機能検査と高齢者講習をして
免許更新を行ってそうなのに

ちょっとしんどい時の病院とかは
タクシーで往復するらしい

自家用車でも
タクシーでもお金は掛かる( ´Д`)=3

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">

在来線でのんびり旅が好きになった理由 4


高齢者こそ
スーパー 病院 銀行 役所など
いっぱい集まった
車の不要な
便利な場所に住むべきかも
車が必要な田舎は
不便過ぎる

でもって高齢者の運転は
徒歩側にしたらめっちゃ怖い。

80歳は軽く超えただろう高齢者に
跳ねられそうに成った経験も有るし

実家の母とかもそうだけど
高齢者の車の運転はやめてほしい。

長い運転経験を持っていて
腕に自信のある高齢者は
「自分に限っては大丈夫」とか、
根拠のない自信が有ったりして
怖い。

今の私は便利な田舎暮らしなので
車不要の住環境をお勧めしたいかも。


ご訪問ありがとうございます
よろしければ
応援してくださいませ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


家族が沢山居ると
部屋はごちゃつくのかも

NANTONAKU 5-19 実家でお祝い事 6

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽