ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準


Index LINK
全ての記事の表示


★覚えられないのではなく 覚える気がない



blogmuraカテゴリー50代の生き方 丁寧な暮らし 女性シニア

大阪梅田 4

— シニアに成っておもふ事 —
老化で覚えられないのではなく
覚える気がない

歳を取ると人の名前とかを
覚えていられなくて、
悩んだりしたことも有るはず

覚えられないのではなく
覚える気がないのかも。

私の体験談です
50歳になった頃ぐらいから
私は人の名前を覚えるのが
苦手になったと感じた

私は新しい職場で
同僚の名前を覚えられず
どうしてだろう老化が始まったのかと
随分悩んだものでしたが・・・

その後に色々調べて読んだり
人に聞いたりしてみた結果
覚えられないのではなく
覚える気がないからだと知りました。

大阪梅田 3

確かに、色々な事に対する気力が
失われてくる年代に入った人の多くが
自分の興味が無いことに関しては
はなから覚える気がない訳で

好きな俳優の名前はちゃんと覚えても、
どうでも良い司会者の名前は適当
と言った具合です・・・

でも好きな俳優の名前すらも
時間が経てば忘れることも有る
それは、その時だけ好きなので
気にかけて覚えてみたけど
永遠に好きな対象ではないから
徐々に覚える気が無くなり忘れていく。

ただの意識の問題なわけで
そういう意識とか気力とかの部分は
年齢を重ねる毎に衰えるので
覚える”気”、の ”気”そのものが
薄いなら、いずれ忘れてしまうだけ。

なので・・・
私はその部分を意識して改革してみたら
仕事上忘れてはならない人の名だけは
覚えておけるようになりました。

覚える意識 覚える気 の部分を
自分できっちり意識して
向上させる事が重要で、
それは脳の活性化につながると思えました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">

大阪梅田 1


明日から
3泊4日で帰省するので
ついさっき
実家の母から電話がありまして、
楽しみにしてくれてるのだなと
ちょっと嬉しくなってみたり・・・

母は昭和10年生まれなので
今年83歳に成りましたね

弟夫婦との4人家族で
食事の世話とか洗濯掃除にと
家事全般を母がやってたりする
頭もしっかりしているし見た目も若い。

なので、今のところは
大して心配することが無いけど
たまにだけど、
車の運転をするので怖い

あとたまに勘違いとか
聞き間違いが増えてきたかな。

まあ 後10年ぐらいは
楽勝で元気に過ごしてくれるはず。


ご訪問ありがとうございます
応援してください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

NANTONAKU 5-14 北欧食器でお寿司 お手玉の箸置き 3
手描き作品色々 
北欧食器でお寿司 お手玉の箸置き 

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽