ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準


Index LINK
全ての記事の表示


★人生のつぶやき それが 親として あるべき姿



blogmuraカテゴリー50代の生き方 丁寧な暮らし 女性シニア

2016 8-20 京都大原~三千院へ 11
ブログ統合と改変を行っております


— 人生のつぶやき —
それが 親として あるべき姿

苦労はするべき させるべき
苦労した分・・・人としての成長も
大きいのでは無いかな


私には息子がひとり居ます。
息子が幼い頃から
私達の家庭環境は
普通ではありませんでした。

息子が難しい歳頃に成ってから
息子には、かなり苦労させました。

そして息子は30歳になった今も
毎日苦労して生きてる、

確かに、息子のその生活を見て、
大変そうなだとは思うけど

私の心の内では、
苦労してるけど楽しそうだな
と思って、微笑ましく見て居たりもする。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」
とか 良く言いますが
本当にそうです

苦労した人は
人としての成長も大きいのでは無いかな

人は苦労をすればするほど
人に優しくなれる

絶対に・・・
苦労はして置くべきだと思う

親はその姿を見て
じっと見守るだけで良い

それが 親としてあるべき姿のはず。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">

大阪 梅田


18歳で親元を離れ
それなりに苦労して生きて

就職に、副業バイトに、弟子入りに、
必死に生きて事務所を持って起業して
幼い頃からの夢を叶え
生涯の仕事と思えるものも手にして

人並みに恋もして結婚もして
遺伝的な問題から子供は息子だけで諦め

長年に渡る遺産問題とか
30代後半からの姑の認知症介護とか
旦那様の統合失調症とか
最悪的な時期も迎えたり

息子の心配とか進学の事とか
できちゃった結婚からの孫3人とか

私はその後に離婚で、
さらに一緒に住んでいた息子の家も出て
今現在は ひとり暮らしと


私の人生は実に多彩ゆえに

語れることが
実は山のようにあります。


今までの人生を振り返りつつ
私の生き方を綴るブログ。

そんな感じで・・・



ご訪問ありがとうございます
応援してください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

">NANTONAKU 5-14 ごろごろ具の 和気味なバジル飯 2
ごろごろ具の
和気味なバジル飯
【大きなパネルは超お薦め】

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽