ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★無理や我慢を、体や心に溜め込むと 肉体が警告してくれるんだろうね





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

毎度いつものお仕事前のブログです。
きのうの記事で書いていた、
第3ブログの登録が今朝許可されたようで、
ほっとしているところです。

(参照記事)
★にほんブログ村から 始めて来た
『 仮登録のお知らせ 』 通知に、びびる私


始めてきたメールでしたし、
マークされてるのかなと不安に成り、
登録に10日以上かかるかなと思っていましたが、
早めの対応をしていただけて良かったです;;
おばちゃんもうお歳なんで心臓に悪いです。

あんがい小心者なのでね、
些細な事でも気にかけたりびびったりもします(笑)


今朝は少し胃の調子が思わしく無さそうで、
消化の良さそうなものにしました、
おうどんが食べたかったけど、ストックは切れてました。
お正月の残りのお餅でお雑煮です。
そういえば小さな鏡餅もまだそのままだった・・・
鏡開きなんて言うのも
すっかり忘れそのまままだ飾ってます(汗)
昔のようにつきたてのお餅をそのまま飾る家も少なく、
パックに入った鏡餅ですからね?
割と最近はどこの家でもそんな感じですよね。

2-2朝はお雑煮

ご飯はいつもの得意の黒の雑穀米なんですけど、
お雑煮で満腹に成り食べられなかった。
+








今朝は胃の調子が悪かったけど
胃の調子が悪いのは、凄く久々なんですよ。

昔の戸建ての時は、そりゃもう毎日胃痛で大変でした、
チュアブル系のなめる胃薬はもちろん常備薬で、
漢方系やら多彩にいつも持ち歩いていました、
神経性の物のようでしたが、本当に辛かった。

全てを失ってしまったけど
全てが終わって、全てから開放された後、
胃の調子は少し少し良くなって、
今じゃめったに胃痛など起こしません。

なんとかなるさ主義で
あの時代を生きていたつもりだったけど、
案外そうでもなかったのだろうなと思います。

もう頼りに出来るものは何も無くなり、
私が大黒柱に成らざるを得なくなってからは、
私は自分に自分は強い人間だと言い聞かし、
すべての事をほぼ完璧と思える程にちゃんと収めた。

その反動が胃の激痛だったんだなと思う。

人間の体って、
ちゃんと良くわかるように出来てるじゃない。

警告を発するんだね。

無理や我慢とかそんなものを体や心に溜め込むと、
肉体が警告してくれるんだろうね・・・


ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽