ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★息子の嫁と話す事はもう無さそう





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

先日、息子の所に
お祝いを持っていったけど
息子の職場に行くわけだから
嫁とか孫とかは
もう随分長いこと会っていない、

家に持っていけばいいじゃんと
思う人も居るかもしれないけど
気を使うし疲れるので行かない。

以前こんな記事を書いたけど
私は嫁とほとんど喋ったことが無い
December12,2017

私が息子の嫁と仲が悪いと
思われそうな流れだけど
全くそうではない

息子が結婚して10年ほどだけど
私は息子の嫁と
まともにしゃべった事がないのだから
この先も同じような感じで
嫁とは話す機会は無さそうで

このまま行けば
息子の嫁と話す事は
もう無さそう

でも、今の時代って
そんな人が多い気がするんだけど、
どうなんだろう

一応 色々検索してみたけど
全く無関係な話しか出てこない

息子の嫁と話したことがない

https://www.google.co.jp

お嫁さんと
仲良くしたいとか思わないけど
お嫁さんの事を
嫌ってるわけでもない

むしろ
滅多な事では思い出す事はなく
あぁ、そう言えば元気にしてるかなと
極めて稀に思い出してみたりする

でも、
ひどい話だと思うかもしれないけど
そうやって思い出した時
嫁の名前って何だっけとか
嫁の旧姓は何だったっけ・・・と
1分ぐらい考えることも有る

それほどまでに、
普段は忘れてしまってる。

10年も喋ってないんだから
この先も嫁と話す機会は
無いだろうなぁ


ランキングに参加しています
応援して頂けると嬉しいです。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">




嫁と話す事がないということは
孫と話す機会も無い
とも言えるかな。


なんとなく09-21 9月21日 京都京丹波 山の中のCafeで朝ご飯  Cafe木葉館 4

話すどころか、会うことも殆ど無い
多分去年は・・・1回
勤め先の店で見た気がするけど
でも3番目の孫が
かなり小さかった記憶しかないから
一昨年だったのかも

もうかなり昔の話だわ

それ程までに
私は孫と会う機会がない

だから偶然何処かで会っても、
おばあちゃんとは解らないだろうね

どっかの知らない人 
と言う感じのはず。

遠くに住んでいるわけじゃない
私のマンションから、
1Kmほどの距離 


とても励みになるので 
宜しければ応援して下さい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


お買い物を工夫すれば 
その分お金は浮く


なんとなく お買い物を工夫すれば その分お金は浮く




該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽