ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★ひとりのしあわせ感は癖になる





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

私の朝の目覚めは
実にゆっくりです。

寝起きが悪いのも有るのだけど
睡眠時間としては
眠りにつくまでと
眠りから冷めた時間をも含めて
たっぷり取っているので
通常の場合だと
焦って起き上がることはありませんね。

たまに寝坊したと書くこともあるけど
仕事に間に合わない様な寝坊では無く
特別に寝起きがしんどい日などで

起き上がると決めるまでの時間を
意図して伸ばしてるだけで
仕事に遅刻するなんてことは
滅多にはないけど
実は時計の電池が切れていて
仕事に遅刻した事が一度だけある

そうなのよね、

本格的な更年期に入った
昨年の春頃から
私は目覚まし時計がないと
起きられない日が増えた。

目覚ましが電池切れか壊れていたら
多分、今の私ならいつでも
遅刻してしまう可能性がある。

好き勝手に
自分ペースで生きているから
眠りにつくのが遅いので
私の朝はとても遅いのだけど

ゆっくり
目覚める生活に成った私は
目覚めた時に まず 

その日、最初の
しあわせ感を噛みしめる


ランキングに参加しています
応援して頂けると嬉しいです。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">



今日のおまけ写真
京都駅ビル
この窓はホテルの窓だけど
この部分だけはあまり好きではない
ホテルグランヴィア京都
京都駅 多分ホテル部分 



ひとりの
しあわせ感

は癖になる

そうねえ 
ひとりぐらしは気楽すぎて
癖になると思います。

とにかく
気を使わないで済むのは
最高にしあわせ


私はもう、気を使うような誰かと
暮らしたいとか全く思えません
息子と暮らしたいとも思えません。

私は息子達の家を
自分っで決めて出たわけで
嫁に気を使うのはコリゴリなのよ。


老後はひとり暮らしが幸せ
同居より満足なのはなぜ?

  

ひとりのほうが
気楽なのは間違いがない訳で、

全ての時間が自分の為のものという、
しあわせ感もたっぷり味わえます。

ただし 
ひとりになるとやる事がない人は
逆にかなり辛いはずなので
ひとり暮らしはやめたほうが良いかもで

でもって
退職後の老後は
仕事を持っていた頃の様に
それに変わる世間との繋がりを
きっちり持てないと、
心がちょっと
崩れそうに成るかもなので、
私はそのあたりを何とかしたいかも。


とても励みになるので 
宜しければ応援して下さい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

お薦め
チーズィーチキン
& びゅうびゅう (´゚д゚`)


とろっとワンプレート チーズィーチキン

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽