ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準


Index LINK
全ての記事の表示


★喜 怒 哀 楽

確か
2015年頃にも
喜怒哀楽について書いたけど

ひとりで暮らしてると
割りとそんな感情が
希薄になっていくのかもと実感して

それは人としてはどうなの
と言う思いに駆られ

改善すべく 
その後の私は自分を変えるためにと
色々とやってみて
良い時も確かにあったと思えたのだけど

経済的な理由から
遊びを控え始めてる
今の私がいて

2018年
今の私は
どうかと言われたら難しいかな

怒りの感情の希薄さってのは
性格的なものもあって
昔も今も変わらず
寝起きに機嫌が悪い程度で
怒ることなど滅多な事ではなく

喜びの感情は
それなりにあったとしても
それをうまく表現するすべを私は持たず
いつもの笑顔と嬉しい時の笑顔の
区別が多分誰にもわからない程度で

色々と工夫して生きるように成ったから
楽しいと思える感情は
昔も今も色々な事から得られるけど
その楽しいのレベルは
人から見たら普通の日常で
埋もれてしまうほどに些細なことで

声を出して笑うなど、
そんなことは全く皆無な生活だなと
少し寂しくは思えるけど
それも性格が
ある程度は基本に成ってそうなので
仕方がないかも なんて諦める。


最近危ないかもと思えるのが
悲しみの感情かな

私は昔を思い出して
泣いたりする事がほぼ無くなった。

擬似的かもと思えるような
仮想的とも思えるような
悲しみの感情が沸く事はある
涙をさそうように作られた
映画やドラマに心を動かされた時。

今の私は
本当に心から悲しいと思える出来事に
出会っていない事に感謝しつつ

そんな時が
絶対に来ないでほしいと
心から願ってる。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">



最近の私は
色々とすぐに
諦めちゃうようには成ったね

最近の私は、
あまり高望みはしなくなった


ねこのくろちゃん

何ていうのかな
歳を重ねると、誰でも
諦めなきゃ駄目なことが
増えてくると思うのよね

体力的な問題とか気力的な問題とか
色々なことが年齢とともに衰えて
昔のようにできない
若い頃と同じぐらい頑張って
やっと、半分ぐらいしか出来ない

なので、
若い頃と同じ事をしたいと思うのなら
若い頃の2倍の努力が必要になる
その2倍の努力が出来てやっと
昔の自分ってのを
実現できるのかもだけど
無理な話で

私は今、
若い頃の2倍も頑張れず

若い頃と同じぐらいの
頑張りしか出来てない訳だけど
年齢とともに色々と衰えて
若い頃の半分ぐらいしかこなせないから
残りの半分は仕方なく諦める

私はそれでいいと思う

歳を取るということは
そういう事だと思う

頑張りも必要だけど
諦めも必要なのだ


(❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽