ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★私はいつも、そんな風に思って生きている





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

還暦間際 
ともなると、
自分の人生について
色々な事を考えるように成る。

織田信長は、人間五十年、
下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり 
と言ったそうだけど
天下*天上界の中で最も劣っている天

別に人の寿命が50年だと
言ってるわけではないと
私は思うのだけど

地球に住む人間の50年など
宇宙規模で考えれば一瞬
という現実にも似ていて

人の一生は
夢幻の如くなり
って感じだろうけど、

実際に生きてる私達はと言えば
宇宙時間の中で
生きているわけでもなく
有りもしない
天上界に生きてるわけでもなく
小さな地球時間で生きてるわけで

私達が感じる
人の一生ってかなり長くて
1日24時間が、
朝昼晩と変化しつつ
ゆっくりと時が流れそれを1日とし
春を楽しみ、夏に開放感を抱き
秋を愛でて、冬は寒さにおののき
それらの移り変わりを1年として
その1年は凄く大きくて
その積み重ねの、何十年
という人生を
生きてたりするわけで

ここで、あえて
人間界という言い方をするのなら
私達が生きる人間界ってのは
夢幻の様なものではない
と私は思う。

素晴らしく長くて 
凄く素敵なのだ

だからこそ
生き方 生きがい 生き様 
そんな物を大事にして
ゆっくり楽しんで
生きていくべきだと、
つくづく思うわけです

生き方とは
生活する態度とか生きる方法とか
人生に対する態度や気持ち

生きがいとは
自分の人生の意味や価値
生きていくための
支えや目標やはりあい

生き様とは
生きていくにあたってのありさま
生き方のようす人生のあり方
生きた姿 生きる姿勢

時間的な感覚って、
宇宙時間とか蟻時間とか、
全く異なる訳だけど

人間時間でも
個人差があるらしいよ。

出来るだけゆっくりと
自分の人生を楽しもう 

私はいつも、
そんな風に思って生きている


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 





今日は 
もらった楽天ポイントをEdyに変えて
空いている時間のMcDonaldで
ゆっくりした時間を過ごした。

光ポータブルLTE PWR-N1000 1

そう言えばこの
NTT西日本のWi-Fi機
光ポータブルLTE
PWR-N1000

レンタルだと毎月300円 
1年で3,600円も掛かるのだけど

少し悩んでレンタルではなく
機器そのものを新品で買った
光ポータブルLTE PWR-N1000 2
ヤフオクとかメルカリとか
Amazonとかで、
新品が6,000円~15,000円
ぐらいの幅の中で出て来る

私は、ヤフオクで新品を
7000円ほどで買って
2015年9月末から使い始めたけど
あれから2年と3ヶ月
レンタル費用を考えた場合の
元は完全に取れ

とにかく生活も大変だから
無駄なことはせず

1ヶ月975円の楽天SIMで
ノートパソコンとスマホの
両方を楽しんでる。

ただし最初の手数料
めんどうだよぅ(´;ω;`)ブワッ


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています
応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

さあて そろそろ寝なきゃ
ネムイ(´・ωゞ)

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽