ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



近所の人には・・・「風船みたいね」 って言われた苦悩の時期にあった出来事。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

秋だね 食欲の秋だね・・・
でぶる秋だね・・・まったく困った(笑)


デブるといえば・・・





精神と肉体は
本当に密接に繋がってそうで。


ストレスで太ると言うのは真実かもというお話・・・


私は結婚した頃は、
身長156cmと低めの体重48kgと、
まあ、ややぽっちゃりだが、普通ともいえる体重で、
子供が出来た時は60kgまで増えて泣きそうになったが、
生んだら元に戻ったりと・・・普通だったけど。

引っ越したあと、
旦那の母親を引き取って一緒に暮らし始めてからは、
まさに毎年少し少し増えて、
それは年とともになんとやらで
まだましな範囲だったが・・・


義母の痴呆が始まり、
旦那が会社を辞めた頃・・・


私が大黒柱になって、
必死で頑張らないといけない時期に。


一時期でしたが・・・

なんと最高期で83kgまで
増えた時期があります。



マジなはなしです。

とりあえず精神状況的には、

私が頑張らないと乗り切れない
スタミナは沢山つけないといけない
食べないといけないと言う強迫観念っぽい 何か!!

色々な事情があったために(昼の日記参照
夜通し起きてるので、

とにかく起きてると落ち着かないし食べる。
とにかく何となく食べる・・・
スタミナや元気をつけなきゃいけないと焦り食べる。

しかも当時は取りあえず良く飲んだ、
今はほとんどお酒をたしなむ事は無いけど、

当時は・・・

飲まないとなんか落ち着かなかったし。
飲むと食べる・・・で、


気が付いたら
体重が83kgになってた



今思い出してみたら、
そりゃ太るわ、って思う生活でしたね。

色々なことが一気にのしかかってきた頃で、
夢を追いかけてこなしてきた仕事もまま成らなくなってきて。

私自身の精神状態も

不安定だったと思うしかないけど・・・


やっぱ色々なストレスが重なって、
太ったんだなと、思いますね。



その後、そういう生活にも慣れてくると、


その後半年ぐらいで・・・
ゆっくりゆっくりと減って行きました。
24kg以上はやせました



近所の人には・・・

「風船みたいね」
って・・・言われた時期ですね。


ストレスから太るってのは、
私の体験した間違いない真実ですね。


今はそんなストレスも微塵も無い、
天国のような自由な生活を過ごしている、
おばさんの独り言でした。

ではまたね・・・

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽