1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★私は息子に愛情しか与えていない

そう言えば
何故に そうなっているのかは
不明 (ΦωΦ)ふふ

そこで書いたように
不人気の我が住まいだけど

大手賃貸物件斡旋業者が
かなり力を入れて居るらしく
大手賃貸サイトを見てみると
優良物件として上がってたりした。

古いし、高いLPガスだし、
優良物件じゃないだろ(ゎ
と思ったけど、

不動産系は何かしらの金銭の流動で
最優良物件とか優先的に斡旋され
特別広告がバンバン貼られるから、
借り主はちゃんと見極めないと
後で後悔しそう。

まあ、確かに、かなり便利で
スーパーにコンビニといっぱい有って
買い物に困る事は絶対に無いし
飲食店が山のように乱立していて
総合病院もいっぱい有ったりして
交通の便もかなり良いし
都心へのアクセスも整っているから
立地は最高だけどね。

なので、私も気に入っているから
ここから出ていくのが少し惜しい。

ランキングに参加しています
応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 




よく考えたら 今の時代は
子供に振り回されない親が
居ないんじゃないかと思うほど
子供の事で苦労してる人が
多い時代

親は子のためにと
必死に働き

忙しくて時間も無いものだから

子供の事に関わってあげる時間も
なかなか持てなくて

心で申し訳ないと思い
親の愛を金銭にすり替えて
スマホでもなんでも
子供が望むものを与えて
多少のわがままにも
目をつむってしまう親が
多いのだと私は良く知ってる。

でも私は息子に
愛情しか
与えていない


中学~高校~大学と
息子が多感な時期

我が家は、姑の介護と
旦那様の統合失調症と大変で
私だけが唯一の働き手で
金銭的な余裕などあろうはずもなく、

当時の私たちは
裕福な人達が住む住宅街に住んでいて
だから息子の友だちは
皆、裕福な家の子供が多かった。

でも私は息子に
友達と同じような物を
与える事ができなかった。


私は息子に
愛情しか与えていない

今の私は 
それで良かったと思ってます。


ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


以前も載せた
最愛の息子
らんまちゃんと息子

息子のためなら、
多少、自分を犠牲にしても
良いと思ってる

息子の人生を大事にしたいし
迷惑を掛けたくないから
私は絶対に健康に気をつけて
老衰で最後の日が来るまでは
気合で生きて行く。


人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



ブログ村テーマ* 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。