ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★心のよりどころ 私の心を救ってくれていたのは





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

帰宅後のブログです。

今日は早いお仕事でしたので、
少しだけ早めの帰宅に成りました。

なので、
今夜は色々と少しゆっくり目にお買い物をして、
色々と素敵な品を、半額でゲット、

豚をフライパンで焼き煮風に柔らかくして、
豚バラ照り焼き風に仕上げてみました。
とろとろになるまで少し時間がかかるのです。

菜の花を、昨日と今朝は、
辛子醤油で頂いたけど
ゴマだれも?美味しいかもと思い、
自家製のごまだれで仕上げたけど、
これはイマイチだったかも・・・汗
明日はてんぷらにでもしてみようかな・・・

1-20豚の照り焼き

今日のご飯は、
21世紀雑穀米オンリーデす。








my Blog 心のよりどころ | Top


2013年09月03日記事
私の心は、ネットで救われた部分が在るのかも

私のこのカテゴリーの記事は
まだ1記事しか書いてい無いんだな、
私の、永い永い過去の、沢山の出来事から、
私の心を、救ってくれていたのは、
間違いなくインターネットだったのに・・・
あまり記事を書いていないことが不思議なぐらい。



私は
インターネットに
救われたのは間違いないです。


身内や、家族に次々に異変が生じて、
結果すべてを無くしてしまいましたが・・・


そんな時、遠くから嫁いできた私には、
すがる人がそばにだれも居なかった、

実家の親や姉や弟に電話で相談をしても、
当時は、誰もそんな知識は無くて、
明確な返答など得られるはずも無く・・・


出来事のひとつで、
最も重要な出来事は、
旦那の精神疾患という複雑な病気だったために、
近所の知り合いや、親しい人とか、
誰にも相談できなかった。

最初の頃は、何もわからず、
本当に苦しい
日々だったんだよね、



その色々は少し少し解ってきたけど、
医者にもちゃんと通えるようになったけど、
でも病気は、かなり悪化してしまい。

参照 最大の苦悩 1 | Top

でもその頃にはもう・・・
近所の誰もが、
それだとわかるように成っていて、

my Blog 人の不幸は蜜の味
のターゲットにも成り
日々苦しむ事にも成った。


そんな時も、
ネットに救われた私が居た。

相談できる人がネットに居た、
心を癒される場所がそこにあった。


何年も何年もの間、
私を支えてくれる場所が
インターネットにはあった。


最後は
家族の崩壊と言う事に成ってしまったけど。

それでも
私の心の支えに成る場所が
ネットにあったから、


よしまだ私は頑張ろうと
思える気持に成れた。

そして今後の人生も、
きっとネットがあるから、
何とか成りそうだとも思えるほどに、

この今のインターネット社会は、
すばらしい物に思えるし、
心から感謝しているのです。

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽