ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★先日の断捨離記事の補足





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

お仕事前のブログです。
今日から4日間はお仕事頑張ります。

4日出勤ー1日休みー1日出勤-1日休み
こんな変なローテーションで1週間です、
休みの日は内職とか絵も描いていたりします。

ただの普通のやや電波気味な、
おばちゃんのブログです。


今日の朝昼兼用ごはんは冷蔵庫の整理第2弾中。

こんな感じで100円程度のごはんです。

金時にんじんは正月が過ぎるとやや人気が落ち、
すごい長いにんじん見切り3本98円でしたので激安。
お揚げ1枚およそ8円を焼いただけ(醤油で戴くと美味しい)
豚スライス半額1枚約10円、後は残り物野菜を微量。
ご飯と黒の雑穀米は、ポイントで購入で0円
スープは珍しくあるけど、
ただの中華スープの元激少+塩コショウ
多分100円もかかって居ないのですよね。

1-19100円程度の朝ごはん

12月の食費が3万円と激しく凄くなったので、
1月は冷蔵庫の整理中で食費は極力抑え中です。
出来れば?1月は1万円以内に押さえる予定です。


応援頂くと励みになります・・・
  にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ

Sponsored Link









断捨離についてはこのブログ時は、

(私の記事)
最近『断捨離』って良い物じゃないと思えるよ、
人間ってそんなに簡単じゃないと思う。


物を捨てた後悔内容しか書いていないので、
断捨離への捕らえ方が
おかしいと思った人も居るかも知れませんが、


断捨離に関しては、
個人的な受け取り方としては、

捨てる行為そのものに対しての考えではなく、
精神分野であろうと言うのは
ある程度は理解しつつも書いているので、
その辺は、御了承いただければ。



断捨離 とは(やましたひでこ公式サイト)
http://www.yamashitahideko.com/
モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。
モノへの執着を捨てて身の周りをキレイにするだけでなく、
心もストレスから解放されてスッキリする。これが断捨離


断捨離 - Wikipedia
(抜粋)
知らずに自分自身で
作り出してしまっている重荷からの開放を図り、
快適な生活・人生をとりもどすための方法である。


要するに私の解釈は、

重荷とか執着とかって言うのは、
品や家にも込められていて、
それらの形ある重荷などを、
形の無い心の重荷と共に、

視覚的にも精神的にも
身軽になろうとする総合的な意識そのものと、
とらえていますが・・・


それらを実行したと思える時は、
肩の重荷を下ろした気分が有り、
すっきり感もあって、
良い感じに成る事もあるけど、
時間と共に、後でじわじわと、
精神に来るという意味合いの
内容を書いています。



ですので 
私の過去のこのテーマの記事内容も
時とともに多少気持は移り変わっているのです。

myカテゴリー | 強制的断捨離 | Top


2013年08月25日 (日) ブログを開始した翌日
物への執着はまったく無くなった
心がストレスから完ぺきに解放されました
と書き、
家を無くした事に触れ開放感を書いています。

2013年09月10日 (火)
不要なものはどんどん捨てて、
心も身軽になろうとしてる私がいます
過去の品を処分するたびに、・・・
心が軽くなっていく気がするのだよ。
と書いています。

2013年10月29日 (火)
新しく一人で暮らすようになって、
あれを、捨てなきゃ良かった・・・
あれは、捨てなきゃ良かった・・・
と書き、後悔する部分を書いています。

2013年11月23日 (土)
私は多種多様な人生の断捨離を行ったと思います。
しがらみの有る品を捨てても 
たまに思い出す過去・・・
人間だから仕方が無いよね。
と書き、複雑な心境を書いています。

2013年12月15日 (日)
家を処分した時に色々な品を処分して、
強制的断捨離と言う風味で、
過去との決別を測ったのに、
何十年と持っていたあれとかこれとかを、
いまだに探す事が有ります。
と書き、
断捨離って実は、
酷なんじゃないのかな?と締めくくって、
複雑な心境を書いています。

2014年01月18日 (土)
最近『断捨離』って良い物じゃないと思えるよ、
人間ってそんなに簡単じゃないと思う。
それらの品の中に刻まれただろうはずの、
過去の楽しい、色々な思い出を、
品を手にして思い出す事はもう出来ない。
と書き、今と今後への思いも書いています。


断捨離という物の考え方に対して

良い部分と、悪い部分が交差する中の、
私の想いが本当にコロコロとめぐりめぐる。

相反するそんないくつもの想いを、
これからの日々の生活の中で、
複雑に持って生きていく事に成るってことです。

(´・ω・`) 応援してください。


励みになるんで・・・ はい
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽