ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★老後の田舎暮らしに憧れるけど住めない





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

実家帰省で
駅に到着したとき

2017 10 8 実家に帰省 燃える夕日 1

素晴らしい夕焼けに出会えたので
思わず数枚、写真を撮ったけど
夕日の写真は難しくて、
20枚ぐらい撮って
2枚しか素敵なのは無かった。

2017 10 8 実家に帰省 燃える夕日 2

実家に帰省中
田舎時間はゆっくり流れ
気持ち的にもゆったりします

のんびりした時間というのは
心にとてもよろしいですね。

田舎に住んで居たりすると
心を病んだりする人は
少ないとよく聞くけど
確かにそうかも知れないですね。

癒しの空間である自然に囲まれ
ゆっくりと流れる時間の中で
のんびり生きてゆけるのなら
こんなに素敵な事は無い。

余計な事を考えなくて良くて
天候の事を少し気に掛けたり
田舎という狭い世間の事に
ちょっと気を遣う程度で

自分の健康に気を付けて と、
大して悩むようなことも無さそう

そんな感じで
老後に田舎に住みたいと
思えたりはすることも多いけど

老後の田舎は不便には成るね
病院に行くことも増えていくだろうのに
その病院も遠くにしか無いわけで
移動手段が車しかないとなると
周りの誰かに頼るしか無くなって
それが無いひとり暮らしの場合
病院に行きたくてもいけない。

老後こそ、
便利な町中に住まないと
お買い物すらままならなくて
日常生活すら不自由には成るね

私の実家の場合は、
田舎だけど
お買い物には便利な様で、
かなりましな方だけどね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 





老後
田舎暮らしに憧れるけど 
田舎には住めない

私は車に乗りませんし
バイクにすら乗りませんし
ひとり暮らしで頼る人も居ないし

バスが無い程の田舎だと困るよね
病院が近くないと行けなくて困るね
お買い物に便利でないと
生きていけないわね

そう考えたら 
今の住まいは交通の便が素晴らしく良いし
大きな総合病院が近場に沢山あるし
スーパーとかモールも近場あたりに多くて
お買い物には全く困らないし
コンビニも乱立してる訳で
飲食店にも困ることのない国道沿いで
便利な田舎

老後の生活としては
便利な田舎がお薦めかも


いつもありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


なんとなくの ご飯に 雑貨に ひとりごと
my memo & my life
実家の食器棚の写真 
食器の趣味


おまけ
2017 10 8 実家でいっぱい 1

普通は
食事の時に飲むのだろうけど
私はご飯の時には飲まない

2017 10 8 実家でいっぱい 2

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽