ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

諏訪大社 
幼少期を思い出しつつ
素敵スポットまでご案内

2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内1
こちらは、
誰もが普通に観光で訪れるべく
諏訪大社でございますので
色々と写真も山の様に
有るはずですので割愛
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内2
私が幼少の頃
54年前とか50年前辺りは
諏訪大社に
仰々しい柵など
張り巡らされては居なかったと思うわけで
大社の周りのすべてが遊び場でした。
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内3
この辺りの近所の子とは仲良しでしたので
集団で諏訪大社周りで遊ぶものだから
怒られちゃった記憶もちらほら(わ
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内4

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 




諏訪大社入口の左側に
諏訪大社下社宝物殿
がありまして
幼少の頃の記憶では、
こんなに綺麗じゃなかった訳ですが
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内5
その階段を下りて通りに出てすぐ
白い柵に沿って細い道を
右手に
登って参りますと、
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内6
真夏はセミの鳴き声が
凄く激しい場所に出て参ります、
懐かしさ満点の通路です。
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内7
ここもまた柵で覆われしまってますが
下諏訪町秋宮
スケートリンク

今に成ってそのネーミングを知っただけで
50数年前はただの田んぼでした
冬に成ると水が張られて
スケートリンクに成るものだから
幼少頃の私は、
いつも此処が遊び場、

1909年ー明治42の開設らしいです
私の父の話では1960年代も
下駄スケートだったらしい

2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内8
そこから
このように歩くと
2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内11
素敵な光景
にお目にかかれます
ただし★
ご高齢とか
足腰に自信のない人には無理だし
ハイヒールとかの人も無理で
諏訪大社から10分ぐらいだけど
激しい坂道に成るので厳しいです。

2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内10

下から見ると有るあの部分は
桜城跡地
さらに難所で、ただの山道です。

2017 10 7 諏訪大社 幼少期を思い出しつつ素敵スポットまでご案内9

こちらの写真参照
桜城跡地
埋もれた古城の跡地です

子供の頃は
平気で登ってた気がするけど
私は写真を撮った位置あたりで
断念
他の行き方は知りません
見晴らしは最高のはず
体力のある人はぜひに


いつもありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽