ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★年金100万円ちょっとで生きていけるかの答え





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

ねんきん定期便が届いたことで
年金の話題が少し続くけど

ぶっちゃければ
私の年金額は
今の年収と大差がないのです。

これは前に
何度か書いてることでは有るけど
私の場合は、
還暦目前な訳で
社会保険制度に参加する気はなくて

昨年10月から、
大手企業に先行導入された
パートにも社会保険をの
月収88,000円の枠
というルールに縛られた為に

昨年の10月から
パート日数を1日減らして
日月火水の4日しか働けなく成った。


そして、最近
それを1円でも超えられない
ルールがさらに出来たために

月平均賃金は88,000円以下の
80,000円~85,000円となっていて
先月の9月の給料の手取り額は
悲しい事に8万円しか無かった。

それらから予想する私の年収額は
奇しくも、私の年金額と大差がない。


要するに
私の年金額は
年間100万円ちょっとしか
無いのですよ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 







年金
100万円ちょっとで

生きていけるかの答え

今現在の私の生活を
維持したいと願うのなら
それだけで生きていくのは
厳しいかもしれないけど

老後も副業を行えば
それなりには
生きていけるはずと踏んでいる

そして副業が出来ず
生きていけないのなら
お安い公営住宅に移住すれば
家賃が半減すると思われるので

副業が無くても
持ち家がなくても

老後の
ひとり暮らしは

それなりに維持できると思います。



ただし普通の人が望む様な
車を持ちたいとか
優雅に旅行とか
そんな贅沢は出来ないだろうし
煙草を買う余裕も無いだろうけど
それは老後の健康に
最高に良いことでは無いかな

まだ若い今だから
病気の事とか医療費のことまで
気が回らないかもの
計算かも知れないけど


そんな
もしもに備えて

私は、なんとしても
医療費の一時金の貯え
最低限の300万円だけは
65歳までに貯めるつもりで居ます。

大丈夫、
私はきっと頑張れるはず



いつもありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ  


老後は 
できればこんな風景の見える
田舎に暮らしたい

できればこんな風景の見える田舎に暮らしたい

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽