ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★誰か 私を責めて





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日は
私の心の叫び的な事を
深夜、寝る前に綴って参ります。

そしてこの記事がアップされるのは
今日の12時頃です。

実のところ
最近ではそんなことが多くて

特に更年期発汗が
続いていた時はしんどくて
朝どうしても起き上がれないので
時々、予約投稿をしてたりしました。

更年期障害って
成らない人も多いのだろうけど
私の場合は顕著に出過ぎて
ホルモン補充療法を始めても
眠りに付けないことも多いのです。

そんな時は、そんな感じで
朝方書いた記事を
12時頃にアップする設定にしてる。

私はブログの文字では
ヘラヘラ生きてるように
見えるかも知れないけど

色々な事で、未だに苦しんでる、
旦那様のこと 
それが一番苦しい

苦しいけど、
ひとつ前のブログに書いたように
触らぬ神に祟りなし的に

自分の事ばかりで、
現実的には、あの人の事を放置してる。

私のせいで
旦那様の心は壊れたのかも知れない
いつも、そう自分で自分を責めるけど
自分は自分に甘いものだから
私は自分を守るために生きてる

私が、旦那様の夢を良く見るのは
自責の気持ちが、
溢れすぎるからだと思う

誰か 私を責めて

そしたら私は自分を犠牲にしてでも
あの人の為に
もっと尽くそうと思えるのかも知れない。

息子は絶対に
私を責めない


お母さんは良くやった
としか言わない
だから、もうほっとけば良いよ
としか言わない。

そんな事を言われたら、
私は
今の私の生活を守るだけで良いの?
なんて思えてしまう

かつて愛したあの人が、
精神疾患のせいで
私の事を偽物と言い放っても

愛は情に変わってしまったのかもと
思えてしまったとしても


夢に出てくる
あの人は

昔のままで、いつも優しくて素敵で

やっぱ、私はどうしても
夢で会う旦那様の事を心から愛してる
って思って、夢から醒めて泣くのだ。

なんで
こんな病気が世の中に有るのよ。

誰か 私を責めてよ

ああ 深夜に飲んで
ぶっちゃけると涙が止まらないわ
寝起きに目が張れてるかもしれないな

と書きつつ
クールダウンを始める私
自己防御本能ってやつだ

人間の心って、
なんかもう意味解らない


いつもありがとう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 








アイキャッチ画像 
これもデコバージュ作品

私の趣味の作品を紹介してみようかな 7

キッチンペーパーは
2枚重ねの品と3枚重ねの品が有り

Vihkiruusu の場合は3枚重ねで


色移りした薄いのは
先日作品を載せた日傘に使い

1枚目の方は
こんな感じに使いました

https://www.google.co.jp
デコバージュ

のりで貼り付けるだけで
素敵な小物が出来てしまうのです
簡単ですよ。


ありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ  

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽