ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★5年目 殺意が湧いた なんて誰にも言えない





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準

2013年 8月24日
突然思いついてブログを始めた
このブログが5年目に入りました。

ブログのタイトルは
殆ど悩みもせずに すぐに決まった

だからどうした的なタイトルだけど

1億という価格は、
たまたま、バブル期に土地建物を売り、
同時に一戸建てを建てたものだから
そんな価格に成っただけで、

周りの家のすべてが、
1億円以上の家ばかりだったので
当時の時代としては普通だったけど、

ハウスメーカーに
勤めていた旦那様のお陰で、
部屋数をそれなりに確保できたりで
7SLDKに加えて、
実は内緒で、天井裏収納室まであった。

施工を手掛けた工務店の人と仲良しで
図面上には上がらない部屋を、
ちゃっかり作ってもらったりした。

今明かすのなら、実のところ
その天井裏収納室部分は
違法という事には成るのかも。

そんな総額1億円の家から
1間の暮らしになれば

誰でもが容易に想像できる、
崩壊劇

それは間違いのない事実で、
それでも尚、私はひとりになっても
頑張ってる記録にしたかった

というよりも、自分に向けて、
頑張れよという気持ちもあったりした。

ブログを書き始めた頃
心に秘め誰にも言えなかった現実を
文字にして吐き出してしまう事が
素晴らしく心地よかった。


苦しく長い姑の認知症介護に加え
統合失調症になったの旦那様の介護で

殺意が湧いた
なんて、

リアル社会じゃ 
誰にも言えない

そんな本音部分を
ブログで書くと
気持ちが楽になったりしたし、

1億の家を無くしてしまっても
そんな事はどうでもよくて

全てから開放されて生きる今が
最高に幸せなのよと

語りたくて 始めた

2017 6-18 クッション チョイスセンス無し 3

そして 
過去をたまに書きつつ

女が
ひとりだけで生きていくのは
それなりに大変だよという現実を
書き綴るブログに成った。



ブログを書く励みに成ります
応援よろしく (❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 







今の時代って
家族が居ても孤独

って感じの
現代社会だったりして

家を買うために必死で頑張って
家を買ったら、皆に個室が与えられ

そこで家族にすらも
プライベートって言葉が付随してきて

プライバシー
は親子間でも守ろうよなんて
ゆとり時代の子供たちは
適当に流れる世間の言葉を乱用する。

そんな時代に生まれなくて
良かったなと思ったりで


救いなのは
私の世代とかの昭和時代は、
どんなときでも、いつでも
家族が、おこたとかにはいって
だらだらとテレビを見たり喋ったり
寝るまで家族と居たりと
そんな素敵な子供時代を経験してるし

デジタルの進みすぎてない時代に
なんとか子育ても終えているから

かろうじて、素敵な時代に
生きていたと思うのだけど

そんな時代に
生きてきたからこそ


今の
進みすぎた時代に

ひとりで生きて行くのは
それなりに大変なので 
今の私を 色々と綴るブログに成った


これからも 気が向いたら よろしく


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ  

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽