ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★今夜の夕飯は 【脳にとても良い】 





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

公休日のブログ2回目。


お薦めコミュ

にほんブログ村 トラコミュ 貧乏・節約・大好きな方集まれ~へ
貧乏・節約・大好きな方集まれ~



今日はピンクシチューを作っていたので、
海老の香りが部屋中に充満して、

食欲をそそりまして、
少し早めに夕飯と相成りましたが、
こんなに早く食べると
叉、夜お腹がすいて食べそうです。


今夜はオリジナルの、
海老ピンクシチューです。

1-11ピンクシチュー1


1-11ピンクシチュー2


これは要するに
海老シチューですけどね、
海老の赤い色素を有効利用した
ピンクシチューです。


前に、海老の炊き込みご飯でも使った
この海老を使いました。
アルゼンチン産の赤海老です。

(海老の炊き込みご飯についてはこちら)

えびちゃん

具材は、海老と金時にんじんのみです。

玉ねぎとか余計な物は入れていません。
これ以上甘みが出てはしつこすぎます。

海老は、アクをさらっと取るために
さらっっと湯がいた後、甲羅ごとぐつぐつ煮込んで、
赤の色素をしっかり出した後、
その後取り出して皮をむいて、
身をにんじんと煮込むだけです。

海老の赤い色素を良く出してるので、
ほとんどの赤い色身は海老から出てる物です。

有頭赤海老は全部で10匹入っているのですが、
切らずにそのまま煮込んでも途中で身がとろけて来て、
海老一匹が自然と3~4分割されて行きますね。

これは、海老の香りしかしない、
クリームシチューなんです。
バター焼きの鮭を添えて、
シチューにつけて食べると
さらに美味しいのです。

フランスパンとかが一番良いのですが、
有りませんので・・・
昨日のサンドイッチを沿え、
シチューをさらっとつけて食べると、
サンドイッチも最高に美味しく頂けます。

とにかくまだ部屋中に、
海老の香りが充満しています。



ここで
海老に関する素敵なお話
をつけ加えて置きますね。

昔から知っていて
意識してる食べ物の話です。

実は
サケや海老の赤い色素が
脳に有効なんです

(参照*各種 サケ海老 赤い色素 脳に有効Yahoo!)

(一部抜粋)
=================================================
サケやエビ、カニなどの赤い色に含まれる
天然色素アスタキサンチンには、
ビタミンE の約500倍、
トマトのリコピンよりも強い抗酸化力がある。
動脈硬化を防ぐだけでなく、
アスタキサンチンは脳内の活性酸素も除去するので、
認知症の予防にも期待されている。
=================================================

アスタキサンチン
と言う成分が、鮭とか海老の
赤い色素に含まれているということです。

(参照*http://kenkou-tabemono.info)

アスタキサンチン
(一部抜粋)
=================================================
緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンなどの
色素成分をカロテノイドといい、
優れた抗酸化作用をもっています。
このカロチノイドの中でも、
動物性食品に含まれる赤い色素のアスタキサンチンは、
活性酸素の弊害を防ぐ効果がもっとも高いといわれています。
=================================================

今夜の夕飯は
その、赤い成分を最大限に活用して
出た赤色素のピンクシチューです。


海老は、頭の部分とかにも大量に
赤い色素を含有しているので、
海老の頭の中の赤い部分も丁寧に料理筆でかき出し、
シチューに溶け込ませています。

普通に頭のない海老を煮込んでいただけでは、
こんなに赤くは成らないのでした。

気がむいたらやってみてください。
可愛らしい色のピンクのシチューは、
お子様にも大喜びされるかも?
普通の家庭で作る場合は玉ねぎもどうぞ。
どっちにしても煮込むと玉ねぎは溶けちゃうけどね。

今日のブログは、
料理ブログ気味に成りました。
失礼しました 汗

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽