1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★深夜~朝 愛しの rannma君を 思い出しつつ

深夜に
愛しの rannma君を
思い出しつつ

あの子の噛み跡の付いた
椅子の生地を張り直しました。

愛しの rannma君を 思い出しつつ

いつ買ったのかすら覚えていないけど、
多分、デザイン事務所を
始めた時だと思うので
36年ぐらい使っている椅子
という事になるかな

2017 7-15 愛しの rannma君を 思い出しつつ 椅子張り 1

仕事で
パソコンばかりしてた私の足元に
rannma君はいつも居ましたけど、
他に沢山色々なおもちゃが有ったし
椅子を噛んでる時ってのは、
そんなには多くはなかったかな
でも椅子の脚、5本とも噛まれてますね

凄いゴリゴリ音を立てて噛んでたけど
私は叱ったりはしなかった。

2017 7-15 愛しの rannma君を 思い出しつつ 椅子張り 2

部屋の模様替えを機に
生地を張り替えます

椅子の生地の張替えは
子供でも出来そうなぐらいに
簡単です

どんなものでもたいてい、
張替え可能になっているので
ネジ止めを外して、
生地を張り替えるだけだけど
私は上から重ね張りです。

2017 7-15 愛しの rannma君を 思い出しつつ 椅子張り 3

張替えに使った生地は
2年ほど前に、
800店舗が並ぶ日本有数の問屋街
大阪船場センタービルで買った
赤いロングのニットカーデガンですが

実は思ったより派手で長くて
着る機会がなくて
新品のまま眠っていたので
それを使うことにしました。

2017 7-15 愛しの rannma君を 思い出しつつ 椅子張り 4

カーディガンの
ポケットも有効利用

2017 7-15 愛しの rannma君を 思い出しつつ 椅子張り 5

深夜の2時頃に思い立ち
急に取り掛かり始めて生地を探し始め、
色々と探しまくって、決まったのが4時で
その後取り掛かり、
結局、完成は朝の6時頃です。

赤がとても似合うrannma君でしたので
リードなども、ずっと赤でした。

その思い出の椅子の生地を
赤に出来てよかったなとか思ったり。

私の人生の中で
絶対に忘れられない子です。

でも、なにげに 
今もそばに居てくれてる気がする

(´;ω;`)ブワッ

流石に 椅子の張替えをしつつ
私は、思い出しては泣いてたりで
何回も手が止まったり
ほんとに良い子だった。



ブログを書く励みに成ります
応援よろしく (❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 


Sponsored Link



人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



トラコミュ 50代を 素敵に生きる.2 * 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。