1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★親の心 子知らずな私

昨日はチャイムで起こされた。

実家からのお中元だった

実家からのお中元 2017 

もう長い間ずっと
私に気を使ってくれる両親だけど、
愛なのか、何なのか、
今だに私は
あまり良くわからないままで居ますよ。

親の心子知らずな私

過去にも少し触れたけど、
私は、両親の愛ってのを
あまり感じたことのない子供だったから
18歳で家を出て働き始めたから、

離れて暮せば、尚さらに、
その親の気持ってのは空を切るわけで
私には、なかなか届きはしない。

でも両親の子供なのは
間違いがないから
私もそれなりには愛されては居たんだろう
たぶん そうかも
そんな風にしか思えない。

そんな風にしか思えない考え方が
私は自分では嫌いなんだけど、

それは、
長女と長男の間に位置してる次女
という立場的な物が根本に有るから
もうどうしようもなく仕方がない。

いまだに実家に帰ると
兄弟間の愛情の差
その感じは
異様なほどに実感できてしまうから
その色々は拭えないわけです。

なるべくして成ってしまう
親の無意識の意識なので
親には何の責任も無い

単に神経細やか過ぎる私が
悪いだけの話。

もっと、私が図太く育っていたら
私は、18歳で家を出たりして無さそうで
私の人生も大きく変わっていたのかもだけど

私は今の自分が好きだから
これはこれで良かったと思ってる。


ブログを書く励みに成ります
応援よろしく (❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 



Sponsored Link





昔から、誰もが
私の事を、芯の強いしっかりした子と
勝手な思いを抱いていたから、
そうなるべく努力をしてきたけど

結局のところ
なかなか期待に添えなくて

今もまだ、
自己保守的に、殻に籠る様な
生き方しか出来てないけど

やっと
ブログの文字では
素直に自分の気持ちってのを
書くことにも慣れてきたし、

命尽きるまでに、
リアルの私も
ちょとは変われるんだろうか

( ・ั﹏・ั) うーん。

文字世界とリアル世界のギャップ

永遠に埋められない気がする。



ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  

応援して頂けると、とても嬉しいです。


人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



トラコミュ 50代を 素敵に生きる.2 * 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。