ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★ひとり暮らしの人が してはいけない断捨離





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

終活的な部屋の片付けを
断捨離的な意味をも絡めつつ行って

私の部屋も
随分とすっきりしてまいりました。

でも、まだ終わっていません
今日は浴室の漂白と
浴室とキッチンの換気扇の清掃と
お掃除も同時にやっています。


ブログでその様子を
写真を添えて載せてきたわけですが、
5月初め頃から計画をして
その後、家具の配置を考え始め
取り掛かれたのが5月後半からで

壁の漂白から床の変更に配置換えと
不用品はどんどん捨てる事にしてと、

2017 5-26 ウッドカーペット移動した後で壁の漂白2

ちょっと前の部屋と比べたら
断然違うのが見た目のすっきり感

シンプルな部屋は
イライラを生まないのは解りました。

2017 6-15 1kの模様替えって実は難しいよね 1

随分といろいろな品を捨てました、
思い出の品もたくさん捨てました。


でも。

その思い出の品を捨てる時
悩んだのなら
絶対にその品を
捨てるべきではないと思ったのが、
最初に終活的な断捨離を始め、
それが終わってから
少し経ったときでした。

それは一昨年の
2015年の10月末~11月中頃で
その時の色々な思いも
ちゃんとブログで綴りつつ記事にしています。

「本当に捨てていいの?」
そんな風に自問自答しつつ。

そうやって、
ゆっくりと考えて捨てたのだけど
今だに捨てた事を、悔やんでる品が
実はあ有るのです。



ひとり暮らしの人が
してはいけない断捨離

ひとりじゃない時に持っていた
思い出の品を捨てる時
少しでも悩んだのなら
捨てるべきじゃないかも知れません。

すっきりした気持ちより
深い後悔が心に覆いかぶさる

決別して良い過去か
そうでない過去かを決めるには
時間をかけたほうが良いかも知れない。

前回の大掛かりな終活的断捨離
あれからもう、1年半が経とうとしてるのに
私は、まだ
捨てた事を引きずってる品があります。


なので、今回は、
少しでも悩んだ品は
捨てていません。



ブログを書く励みに成ります
応援よろしく (❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 



Sponsored Link




配置換えは落ちついたけど
まだ、私の終活的な
断捨離は終わっていませんね

今回のは、
色々な想いが錯綜しての行動だけど

更年期生障害への対策も含め

今後、いずれ来る、老後生活を
快適に過ごすためという目的も有ります。

上でも書きましたが、
シンプルな部屋のシンプルな暮らしは
イライラを生まないのは解りました


部屋が綺麗だと、
汚してはならないという気持ちが湧いて
こまめに片付けるようになりました
この気持ちは大事な事かも。


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


応援して頂けると、とても嬉しいです。


neko chann

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽