1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★お馬鹿な事を書いた様な気がしないでもないけど

仕事に出る前に
お馬鹿な事を
書いた様な気が
しないでもないけど

大丈夫 シニアに成っても恋をして良い 
老化防止と脳の活性化に最適


私の知ってる知り合い系で
離婚してる人って、
皆さん私と同じぐらいの年令だけど
離婚した後、
再婚していない人は居なかったりする。

離婚でパートを辞めた元同僚も、
驚くことに、割と早く再婚したし
一戸建ての時の近所の人は
素敵な事に還暦婚だったし
私の昔の絵仲間の人も、
確か1歳上で58歳とかだけど再婚してる

私も、それなりに長く生きてるから
色々な離婚劇を見てきたけど
離婚したのを知ってる人は皆様
恋をして、その後、再婚してる。


50歳代での
恋とか再婚とか

珍しくも何とも無い


でも私は再婚する気はないので
秘めたる恋心で若さを保とうと思います。

私は独身ですし、
恋心を持っても何も問題はないですね

(ノω`*)ぅふ




ブログを書く励みに成ります
応援よろしく (❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 



Sponsored Link





今日の収穫はきゅうり 
戴き物です

今日の収穫はきゅうり 戴き物です

実はこれは
私が直接頂いたものではない

このきゅうりを頂いた清掃の人が
食べ物にはちょっと、こだわりがあるらしくて
私がもらってきただけの話。

食べ物をもらっても、こだわる人は多い
そんな人も、笑顔でありがとうと言って
喜んで、頂くらしいけど
処分に困るとか言ってたね。

その辺りは、誰でもそうかもしれない、
私の場合は、苦手なものをもらっても
絶対に捨てたりはしない。

昨日頂いた
ジャガイモが、良い例かな

戴き物の 玉ねぎとじゃがいも

私はジャガイモが苦手なので
滅多にじゃがいもの料理はしない。

でも、頂いたのだから
ちゃんと食べる
その辺りは、ただの性格の差

そう言えば
昔の昭和の時代なら、
ご近所に、おかずのおすそ分けなんて
多分、結構多かったと思うけど

時代も変わってしまい
最近では、そんな事ってまず無いし、
頂いても困る人が多い
寂しい時代だとも言えたりするんだけど
仕方が無さそうです。

但しこんな感じのは、
若い新婚時代にはよくあった
マンションのママ友とかから
「美味しいツマミを作ったから飲み会しよう」
そんなお誘いには、お菓子とお酒持参で
息子を連れて、数回、
お呼ばれに伺ったりしたね

子供たちは子供たちで勝手に遊ぶので
ママ同士は気楽に飲める会
あの頃が人生の中では一番楽しかったし
人が作るご飯にも興味があったね。


では また 


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  

応援して頂けると大変嬉しいです。


人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



ブログ村テーマ* 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。