1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★姑の遺品を、いまだに持っているのが自分でも不思議

今日も私は休みだった
家での仕事はデスクワークなので
座ってばかりだとなまるので
少し散歩を楽しんで帰ってきてから

青い扇風機と
白い扇風機の掃除をした。

実はこの青い扇風機は、
旦那様の母親が亡くなる前まで
普通に使っていた卓上扇風機です。

一戸建てを売り払って
家族がばらばらになった時
いろいろな品物を沢山処分したのに

私が
姑の品をいまだに持っているのが
自分でも不思議です。

旦那様の母親の品をいまだに持っているのが自分でも不思議

先日、処分した大きなアイロン台も
実は姑の遺品だったし、
他にもまだあって、
昨日クッション制作のときに使った
アイロンも姑の物ですし、
大きな花瓶もあったりしますし
写真の青い扇風機も含めて
全て姑の遺品という事になります。

もったいないからという意味なら、
ちょっと違うんだよね。

数十倍と高価なものや家具などを
惜しげもなく山のように、
沢山捨ててしまった訳だから。


・・・


何故、
こんな、どうでも良いような品を
私はずっと持って居るのだろうか


その疑問ってのは
実のところ、今思えた事ではなく
もう7~8年と、ずっと思えてる事で
今年もまた綺麗に掃除して使う私。

私は、姑が好きだったわけじゃないです
むしろ、早くから認知症と言うか
アルツハイマーと診断されて10年以上
苦労させられ、そのせいもあって
私は絵の仕事を奪われたし
逆に恨んでいた時期も有った。

今となっては、
どうでも良い事だけど

誰か偉い心理学者さんとかに 
私がこの品を
捨てられずにいまだに使ってる心理を
教えて頂きたいぐらい。

( ´Д`)=3 


ブログを書く励みに成ります
応援よろしく (❀╹◡╹)ノ゙
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 



Sponsored Link





最近は
どういうわけか
ご飯を良く炊くように成ったので
和食が多かったりしますね。

今日の食事マットも
marimekkoポスターを利用した


この細い大根は戴き物

なんとなく06-28 残り物+もらい物 で 時短ランチ 3


なんでももらってくるけど、
たまに困る品も有りますね。


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  



人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



トラコミュ 50代を 素敵に生きる.2 * 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。