1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★愛すらも感じる 心から感謝します

5月1日から年に2回の
コメントフォームを置いていますが

なかなか
素晴らしいメールを
計9通頂いておりますので、
今日はその返答のみで
ブログを構成してまいります。

mmm様 57 歳 女性
いつも拝見してます。
昨年の11月のコメントでの指摘もありましたが、
誤字脱字、不適切な当て字、使い方等とても多いので
1月からですがピックアップしました。
1回サラッと読み直せば気づく間違いばかりなので、
修正したほうがいいと思います。確か、
5月かその前のコメント欄開放の際、
いずれ息子さんが読むことになるであろうから
間違いは修正したいので指摘して欲しいという
コメントを読んだ気がします。
本当に毎日のように誤字脱字があると
適当に読み流していても気になりますよ。
よく読んでいるブログの中では断トツに多いです。

こんばんは コメントをありがとうございます。
おっしゃる通りで、
ブログが3ブログに増えてからは
尚更に見直し作業が適当で
山ほど変なところが存在したままだと思います
特に変換ミスが多いのは容易に予想出来ます。

その後 
かなり沢山の変換ミスに寄る誤字など
その他、大量のミス指摘をコメント頂きました、
それは多分、
かなり大変な作業では無かったかなと
予測できる内容で
私はまだ、直す時間を得られて居ないので、
今週末の公休日辺りに見直そうと思います。

愛すらも感じるコメントに
心から感謝します

もう少し続きます
文章が多いので部分的に大幅に割愛

mmm様 57 歳 女性
ブログの感想です。
①更年期について
閉経後5年以内には脱すると思います。
②ストレスについて
将来の健康不安は誰にもあるものですが、
やはり大きなストレスはお金。
節約も楽しんでやればストレスにはならないと思いますが、
ストレスを感じているとその反動が必ずきます。
③貯金について
1年間で40万?減、お祝い金除いてもかなりの大幅減。
びっくりしました。普通に暮らす
1か月に必要な当初の設定が甘いのでしょうか?
引きこもってキツキツに暮らせばできる設定? 
大幅赤字は節約の反動というふうに見えます。
➃たった15分の距離に住んでいる息子さんが、
母親のところにフラッと立寄ることもないという不思議。
お嫁さんをあまり良く思っていないのは
ブログを読んで伝わってきますけど。

コメントをありがとうございます
①まだ閉経していないので先は長そう
②金銭ストレスは借金時にも無かったけど
節約にもストレスはあまり感じないかな
1番のストレスはなんだろう思いつかない。
③貯金の減りの原因は遊びすぎ、
結構派手に色々と使ってしまったから。
④息子が私の住所を知ったのは昨年です
私はすっかり忘れて教えて居ませんでした
昨年息子が品を送ってくれる事があって
住所知らないと言われて、
気がついたので教えました
そのうち知らせようと思いすっかり忘れてた
6年前に知っていたとしても来ませんよ
小さな子を抱え親の事なんか二の次
お嫁さんの事はよく知らないので苦手
あまり話したことはないです。

次のメール
ブログの感想です。
⑤食事内容について食事内容をみても
身長から割り出す健康体重をオーバー、
ダイエットするほの体重になる?
基礎代謝が落ちているとはいえ
1日2食で通勤1h30の徒歩の適度な運動量。
お酒や甘いものもドガ食いしていないですし
不思議です。食事内容で気になる点は
海藻類や果物が少ないことと、
野菜やタンパク質も少ないと感じます。
⑥最大の疑問
パート仕事中にお客様から
色々と食べ物を貰う行為。
顔見知りとはいえ、名前も知らない人からの
差し入れが不思議です。
同僚同士ならまだわかりますが、
比較的規模の大きいスーパーであれば、
規定もあると思いますが、
職務中の従業員がとる行動とは思えない。
あげるほうの厚意は理解できる。
無下に断れないのもわかる。
しかし何かのお礼という意味合いもなく、
頻繁にものを貰うというのがとても不思議です。
個人商店のようなところではなく、
大手スーパーで。レジは
黙々と沢山のお客さんを捌いていて、
暇な時間帯でもおしゃべり
したりしている人を見たことがない。
いい悪いということではなく、
仕事中に個人的に
ものを貰うという行為が不思議です。

不思議に思うことは私にも沢山ありますが。
⑤何故痩せないのかは解っています
アルコールのカロリーは高いです。
2食の食事より問題なのは飲むツマミ
弱いけど食べないと飲めない人ですし
2食の食事以外に職場の間食につまみ
今のところ消費カロリーと摂取カロリーは
同じ感じらしく、体重は±0を維持中
⑥かなり大手の大企業のパートですが
お客様に好かれファンだと
思って頂けるようにとは上司には言われますが
品を頂いてはならない規約はないです。
他の同僚がお客様からの好意で
品を頂いてる事は勤務9年ほどの中では
そうですね、お二人ほど知っていますが
頻繁ではありませんね。
他の人と違って黙々と機械的な接客を
私は行いません、その辺りは
他の同僚と違うだろうなとは自分で思います。
お客様が風邪などでしんどそうに
しておられたのなら私は必ず気遣いをして
お声もおかけします、
お客様が急いでいる様子なら
当たり前にパワーを注ぎ最速を心がけます
その他多種多様に色々な気遣いはします。
話していても作業に支障はきたしません、
素晴らしく丁寧に素早くがモットーです。
正直に書けば、私はお客様の反応を予想して
すべて意図して行っている行為です
私の接客は、相手がそれをどう思うかを
きっちり先読みして仕事と割り切って行います。
仕事が丁寧できっちりしていて尚
優しく気遣われて気分を害する人は居ないはず
接客業とは、そう言うものでは無いかなと
私は思って居ます。

気が向いたら 応援して 
かなり癒やされます はい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link




久々の休みなので
ゆっくりしたくて手抜き品を買って来た。

節約体制で安上がりにしたいけど
珍しいものを見ると
買ってみたくは成っちゃう
これはお安いけどね

初のサラノバレタス レッドコーラル 
手抜きランチ200円以下 


なんとなく05-06 初のサラノバレタス と手抜きなランチ 200円以下 1

ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



コメントの返答の続きです。

mmm様 57 歳 女性
⑦情報の遅れ
糖質ダイエット、炭水化物抜きの危険性は
もう何年も前から言われており、
ご自身で早めに気づいて良かったです
⑧一番気になった記事
爪を噛む事を”悪”とするのはどうかと思う
不潔であるというのが大きいですね。
病原菌をあえて口から入れるよう
自分はよくても人は不快感を感じる行為です。
⑨番外最近スマホデビューしました。
スーパーや公園に立ち寄るだけで
毎月楽天ポイントが貯まったり、
歩くだけでTポイントついたり
アプリも色々あり早く使えば良かったと。
⑩ポイントサイト楽天等で買いものをする時、
ポイントサイト等経由してますか?
経由すれば更に+1%は必ず付きますよ。

コメントを色々と本当に有難うございます
⑦ありがとう実は知っています、
本心的に今ここで書くのはどうかと思ったけど書くと、
ブログネタ的に美味しいかなと思ったので
良い機会なので意図して取り上げました。
他の理由も加味されて脱水で3kgも減った
その、他の理由というのがはちょっと不明です。
⑧爪を噛む行為は実は賛否が有りまして
菌を体内に取り込めばその菌への耐性が出来る
昔は泥遊びを頻繁に行い不潔な環境でも
絶えず耐性を作りと実は潔癖症ほど弱い。
https://www.google.co.jp
子供は多少汚い方が健康に育つ
現代に生きる清潔主義、除菌世代の子供は
永遠に菌への耐性ができず微弱な菌にすら弱い
https://www.google.co.jp
除菌世代の子供は弱い
要するに、
爪を噛む事を責められ
さらにストレスを抱える人も居るわけで、
そのせいで精神不安定になった人を知っている
徳川家康も爪を噛んでいたのは有名な話で
そんなに事は大した事ではないよと
そんなに気にしなくても良いんじゃないかと
言いたかっただけの話。
悪いことばかりじゃない
爪を噛む癖に隠された3つの真実

⑨中古のスマホを
友人に買ってもらったので到着待ちです
Wi-Fiで繋ぎます 電話機能はありません。
⑩ポイントサイトは経由しませんが
必ずお気に入りの
ブログを経由してからお買い物をします、
そのブログ主の収益になります。

まだメールは有るのですが
時間がありません


人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



ブログ村テーマ* 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。