1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★クアドラプルワーク の 私の1ヶ月の総収入額

私は
メインのパート以外に
複数の仕事をこなしていおります。
=========================
ダブルワーク=メイン職と副業1種
トリプルワーク=メイン職と副業2種
クアドラプルワーク=メイン職と副業3種
=========================

https://www.google.co.jp
クアドラプルワーク

1 シングル  2 ダブル  3 トリプル
4 クアドラプル 5 クインティプル
って事らしいから、

これにもしも今製作途中の
手作り内職作品を売ると成ると
クインティプルワークに成る可能性も有るけど

私は自分が素敵に生きるためになら
自分が出来る事は何でもする


昨年の記事だけど
クアドラプルワーク 私の収入予測
当時はまだかなりましだったけど、
11月分から交通費が無くなったことも加え
その後~3月まで
総収入が12万円辺りまで下がりましたが

4月末の給料+内職+家仕事+ネット収益と
やっと私の総収入もやっと少しアップ。

4月分
①内職②デザインワーク③ネット収益で
56,913円でした。

所得税 住民税 雇用保険料 組合費を
差し引かれたパート給料の4月分は
88,607円でした。

合計 145,520円

私の希望的には、
社会保険に入らない範囲でパートをして尚、
フルタイムパートで頑張る人を超える
手取り額をゲットすることです。

以前も書いたけど
(一例)
時給900円で計算した場合
私が務める企業の場合。
フルタイムパートの上限勤務時間は7時間
7時間×900円=6,300円
6,300円x21日出勤で=132,300円

そこから、社会保険料が引かれる
その辺りの金額詳細は
ここで  書いた

今は大企業にしか入っていないこの制度、
http://www.mhlw.go.jp
社会保険の適用拡大 - 厚生労働省

そこに明記してありますが
------------------------
平成29年4月1日からは、
労使で合意がなされた場合、
従業員500人以下の会社でも
加入対象が広がります。
------------------------
いずれ中小企業にも入る予定らしいし

パートの勤務時間を抑え
88,000円枠におさめ、
楽しく家で内職とかネット収益で穴埋めして
それなりに老後に備え貯金を頑張るか

将来増える年金額は実に少なく地味だけど
厚生年金に期待して、支払い続けるか

私のようにひとり暮らしで
収入が少ない場合
年金や保険に減額または免除があるし

自分の今の年齢やら扶養にも寄るので 
どっちが良いかは 
個人の判断に委ねるしか無いね。


気が向いたら 応援して 
かなり癒やされます はい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link




昨日の朝 
友人が来たので

何してくれてんの的に 
突然の節約ふたりご飯


なんとなく05-05 突然のふたりご飯も超節約 1


私、笑顔でご飯を作ったけど
本当はめっちゃ眠すぎて
(`ε´*) プンスカ でした

っふ ・・・


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

コメントの返答です

星野ふさぞう様 51 歳 男性
幸せな時はこのブログは
見る気になれませんでした、
不幸や孤独を感じてる時は見たくなります
自分が弱い人間だから、
人の不幸や頑張ってる姿や
気持ちを見たいからなんだと思う
でも孤独や気楽さをすごく共感できます
私は43のときに追い込まれて、
長く鬱を患いほとんど全てを失っていますが
また立ちつつあります
主さんの人生に新しい何かがあったり、
何もなくても、気持ちを知りたいから
続けて欲しいと思います

こんばんは と言うかおはようの時間 
コメントをありがとうございます
何気に気持ちはわからなくは無いなと思ったり、
面白い事に一人の空間に居ると
気持ちは絶えず変化しておりまして、
たまに落ち込む事もあるけど即否定して
前向きになろうと奮起して、眠りについても
寝起きには、又少し落ち込んでいたりと
うっとおしいな、その自分の気持ちと、
自分で突っ込んでみたりが多い私ですが
過去に最悪な地獄の中に居て
すでに色々と経験済みですので楽勝かも。
昔は身軽に成りたいという身勝手から
介護者二人の死を願う毎日だったり
現実逃避的に自分の死を選ぼうかと思ったりと
そんなのを毎日を数年繰り返して生きて居た私は
ある時 プッツンって、音が聞こえた気がするほどに
自分の心の中の張り詰めた何かが切れましてね
別に、もう無理して頑張らなくて良いじゃないって
思えた時があったその日から
爽やかなまでに、すっきりした気持ちで、
全てを諦める事ができて、
あの時から私は適度に気を抜く術を
覚えた気がします。
なので、私はもう、程々にしか頑張らない。


人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



トラコミュ 50代を 素敵に生きる.2 * 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。