1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★なかなか良い気分です

今日も今日とて感じで、
更年期真っ盛りの私は、
過去にないほどに
最大級のレベルの
ホットフラッシュを経験中

始まった辺りは、
面倒くさいなと思えたけど、
此処のところの急激な発汗回数
通勤の道のりでは、ただの普通の汗のみで
緊張感の多い仕事中になると
1時間に3回~4回ぐらいと頻発し、
家に帰るとピタリと止まりますが、
緊張と興奮の繰り返しのゲーム時間になると
再び1時間に3回~4回と繰り返す。

なんと言いますか、
面白い感じになってきたなと
自分でも何気に笑えるのですが
発汗が心地よく思えてたりする
時折り襲ってくるホットフラッシュが
少し快感に成りつつ有る私。

これだけ頻発してくると
更年期特有の皮膚のピリピリ感も増え
あ、来る 間もなくホットフラッシュが来る
というのも解るように成りましてね、
それに対しての備えもし始める訳で

普通の発汗とは全く異なり、
汗自体の成分も全く違うのだそうだけど、
https://www.google.co.jp
ホットフラッシュの汗は普通の汗ではない

汗でストレス解消
ホットフラッシュでの発汗もどきでも
可能なんじゃないかと思えたりしてます
https://www.google.co.jp
汗でストレス解消

調べてみたけど、
そんな内容で書いてる人は居なかった
ただ単に嫌で悩んでいる人は多そうだった
普段から汗をかくのが苦手な人が
多いからなのかも?

という事で、私、最近
ホットフラッシュの発汗後スッキリして、
なかなか良い気分です


ランキングに参加しています
応援して頂けると
ブログを書く気力に繋がります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 

Sponsored Link




昨日の晩御飯
疲れて帰宅しても 
ご飯をきっちり作って頂くとか


雑穀米とかぼちゃの皮ご飯

なんとなく04-30 どんなに疲れていてもしっかり作って食べる 3

ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

メールフォームの
コメントの返答です

○○愛弓様 48 歳 女性
ブログ読んでいます。
群れるのが苦手なところとか
自分とよく似ている考えの方だなと思い
勇気いただいてます。
わたしも本音のまま生きる事が出来なくて、
でも頑張っても無理だし(^_^)a…
ありがとうございます。

こんばんは、コメントをありがとうございます。
人様に勇気を与えるなどという
大それたスキルを私は持ち合わせておりませんが、
群れるのが苦手というのは個性的な人間でも有るそうで
個性的というのはすばらしい事だと思えるので
ちょっとだけ考え方を変えて
本音で生きるという考えではなく
本能で生きるという生き方にして流されると
別に頑張らなくても緩やかな流れに乗って
それなりに楽しく生きられる気がしています。
コメントをありがとうございました。



ばばちゃん様 68 歳 女性
私は、完全リタイアした68歳です。
生活ブログのネットサーフィンをしていて、
たまたまこちらに出会いました。
センスの良いお食事内容に、素敵な方だなあと感じて、
お気に入りに入れて、拝見しています。
短いブログでも、その方の人柄が分かります。
食器のセレクトも盛り付けも参考になります。
貴女はとても頭の良い方ですね。
私は、長年仕事をしてきましたし、
90代の両親も、夫も子供も孫もいます。
つくづく思うのは、人生はとても長い、
そして良いことも悪いことも同じくらいある。
最後は案外公平なものです。
貴女は、まだまだ若い、
これからの人生はまだ分かりません。
お身体に気を付けて、前向きに、でも、あまり
頑張り過ぎないようにお元気でお過ごしくださいね。
食事と睡眠を大切に、考え過ぎないで、
流れのままに、肩の力を抜くことも必要ですよ。
余計なおせっかいをごめんなさい。応援しています。

こんばんは コメントをありがとうございます。
自己主張の激しい自己中気味な私のブログを
お褒めいただいて大変恐縮しております。
孤独な生活はそれなりに寂しく落ち込む事も多いけど
私はまだ人生諦めていないので大丈夫そう
私の人生ってのは苦労ばかりでも無く
素晴らしい人生を過ごせてきたと思う事も多く
この先に良い事をあまり期待せず生きておりますが
それは悲哀に満ちたマイナス思考ではなく、
そう思っていて、もし素敵な余生だったのなら
喜びもひとしおという感情を体感できそうだからかな。
いえいえ、お節介と思うような文面でもなく、
お気持ちは十分ありがたく受け止め、
のんびり残りの人生を生きてゆきます
コメントをありがとうございました。


人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



ブログ村テーマ* 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。