ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★統合失調症 被害妄想の人の部屋探し





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日はお休み
休みの日は時間に追われないから
かなり気持ちが楽だから
ついつい夜更かししてしまって
起きるのも遅くて13時頃に起きた。

家族の世話に追われてる人には
申し訳ないほど、私は適当な人生だ

永遠の±だけど、
独り者の自由に孤独は付き物で、
家族が居る幸福者には自由が少ないか

今日はゆっくり寝て、割りと爽やかに起きて、
食事を頂いた頃に家電話がなった
最近では、この電話がなることは珍しくて
謎のワン切り電話も殆ど無くなった。

電話の主は、
少し予想できたけど、旦那様だった。

先月、会えた時も言ってた引っ越しの件、
本当に早急に引っ越したい感じで、
土曜日に再び話し合うことになったし、
話し合った後に賃貸斡旋業者に寄ることにも成った。

さて 
私が様子見という放置で少し悩んでたこの件

統合失調症 
被害妄想の人の部屋探し
実は非常に厄介なのよね。

普通の健常者には理解できないと思うけど、
統合失調症の被害妄想は凄い物がある。

随分昔の初期頃は、
悪口を言われてるとか
噂をされてるとか、監視されてるとか
統合失調症特有の
初期的な、被害妄想程度しか無かった。

初期頃は直接的な何かを体感するのではなく
多分そうなんだ、そう感じる、そう思うとか
その程度のものだったと思うのだけど、
被害妄想も幻覚やら幻聴やら妄想やらと絡め
度合いが増してくる時期になると、
実際にそれを体感したと感じるようになり、

以前も少し記事に書いたことが有るけど
深夜に大声を出しつつ公園まで逃げたり、
旦那様しか体験出来ない何かに襲われたりと
実質的な体験として脳裏に展開されるらしい。

私は体験者じゃないから、
その様子を見て想像するしか無いわけだけど、
旦那様にとっては、
それが目に見え体験した現実に成る。
私が毎日、食事に毒を盛るという被害妄想も
その一環にすぎなくて、
「俺は見た」と言い・・・目で見たから、
それが旦那様にとっては真実と言うことに成る。

思い込みは進化して、
現実の出来事に進化する訳で
それからさらに数年後の今は、もう
妄想と現実の
区別がつかない


旦那様の発言を大まかに書けば
今の部屋に居ると
毎日、打ち込みという攻撃を受ける
毎日、誰かが部屋に侵入してきて
壁やら天井やらとあちこちに毒を塗って行く
換気扇口から霧のような毒をも入れられるので
風呂場とキッチンの換気扇は全て密封した。
窓は完璧に覆いドアの前にバリケードを張った
(それは一昨年、部屋に訪問した時に確認済み)
そして衣類のシミとかは
全部毒に間違いないからたびたび捨てる
買い替えの衣類に
お金がかかりすぎて金銭的に辛い
外置きの洗濯機にも毒を塗られ壊されたから
毎日の洗濯を風呂場でするのが辛い

家主の息子が俺に対して敵対心を持っていて
家主の息子は毎日、俺の部屋に来ている
数回それを見てしまった。
電気製品が次々に壊れるのはそのせいだ
警察を何度も呼んで色々と調べてもらった、
(これは事実で何度も警察を呼んで居たけど
今は相手にされなく成ったので呼んでいないらしい)


書き出したらキリがないです
ほんの一部だけど、
何気に見えてくる事は1つ

部屋を完全に密封してしまい
換気もほぼしていないだろう部屋は
カビの温床に成り
部屋の壁がまさにカビだらけなのだ
それらを全て毒だと
被害妄想を膨らませ思い込み
旦那様の脳内で完全なる現実と成っている。

それは 何処へ引っ越したとしても
何も変わらないだろう現実なのだ。

だから、
今引っ越したとしても、
最終的には元の木阿弥と言うことに成る

本当は
引っ越しよりも
服薬のほうが重要なんだけど


本人がそれを否定していて、
薬を飲まないから厄介なの。


応援して頂けると喜びまする。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 

Sponsored Link





節約
超時短 野菜中心 の
健康的 な 朝兼ランチ 


今日はほうれん草の話も少し

ほうれん草はずっと高かった
_| ̄|○ il||li

私は、ほうれん草をあまり買えなくてね、
最近は、やっと値が下がってきて
セール品だといつもの半分以下に成って
安いときだけ買える食材

これは調理前の写真
なんとなく02-23 超時短 野菜中心 の 朝兼ランチ 2


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽