ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

若さ=無知  「もっと・・・ わかってあげることが出来ていたら。」





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

仕事に出かける前に、
日記を書いて・・・
ちょっと昔を思い出してしまい。


過去はどうでもいいなと捨てたつもりが、


いざ
ブログに書いていこうと思い出していくと、



何で、解ってあげられなかったの。

振り返ってはあの頃の私を今の私が、
馬鹿だな・・・って思ったりする。
そんな事が、本当に沢山有るんだよ。


人は年とともに色々経験し、
色々と新しい事を知って覚え学び・・・

明日のためにそれらを反省して、
歳をとっていくんだな。


若さ=無知


それゆえに、

一人の人間を救ってあげられなかったのかもと、
今は思っているのです。

前にブログに書いたこれですね。

http://9aea9.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
とりあえず今日は
「気が付いて上げられなくてごめんな」と、
謝っておくよ。




今日の昼のブログの続き・・・

旦那は、私が30台の後半に会社を突然やめ。
その後一年と半年、定職につかなかった。

やめた理由を本人から聞くたびに、
内容は不可思議なことばかりだったが、



「仕事は落ち着いたら始める」と・・・

完全亭主関白な

旦那の言う言葉を信じる事にした




大手の企業に就職していましたし、
大変有能な人だったので、
再就職に何ら問題など、
有ろうはずが無いと思っていました。


私は、
その間の家計を支えるべく自分の仕事に没頭し、
痴呆の兆しが濃厚になって、
目が離せない旦那の母親の面倒はちゃんと見て、
多感な息子の相手もちゃんと怠らなかった(はずだ)




睡眠時間3~4時間

毎日がそんな感じ・・・




旦那の退職後半年ほどたつと、
旦那は、失業保険を申請し、
その後は少し楽になるが・・・


毎月のローン返済は変動式で、
当時は確か毎月12万円だったはず。
元金6000万で、
土地家屋込み1億の家を建てたので、
家のローン4000万を抱えていた訳です。

ローンを組んだときの旦那の年収800万ほど、
私の年収が400万ほど。

普通に問題ないはずだった・・・





退職で、かなりきつくは成ったが、

その間は、預金もあった為に、
それなりに何とか乗り越えた。







旦那が仕事をやめて家に居た間・・・

とにかく私は、
はなしをする時間も惜しんで働いていたので、



ほとんど話を聞いてあげる事は無かったかも。




上に張ったブログで書いた様に、

もっと・・・
旦那をわかってあげることが出来ていたら。

その後、

さらに悲惨にはならなかったのかも知れない。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽