1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★幸せは お金では買えなかったかな

昔むかし・・・若い頃は、
お金を稼いで幸せに成ってやる~
なんて思いつつも、
夢の為にも必死に生きてた。

進学を奨められても却下の方向で、
働く道を18歳で選んで就職した、
学校で型にはめられた事を学ぶより
就職して実際にその世界の事を知りたかった。
企業で、その世界の事をある程度知った後に、
私は専門的な事をさらに学びたく成った、
そして、師に弟子入りと言う道を選んで
修行1年半後・・・
私はもう自分で稼げると踏んで独立した。

私は、その時点でも
もちろん、
お金を稼ぐことを考えて居た
多分誰もがそうだったと思う若い頃、
私も同じような感じで
とにかく、お金があれば
幸せに暮らせる
と思っていたのは間違いない。

なので、必死に働きましたね・・・
仕事も素晴らしく楽しかったし
どんどん仕事を受けて、
寝る間も惜しんで仕事をして稼いだ。

働くということが
一番楽しかったのは、
独立してから、結婚して子供が出来るまで。
その後母親に成った私はやっぱ、
子供に夢中に成るわけで、
仕事は二の次に成っていくけど、
それでもやはり楽しくて、頑張っていた頃に
前にも当然書いてるけど
旦那様の父親が亡くなり遺産問題が舞い込む。

私は、お金は要らないから、
このままの平穏を保っていて欲しいと
何度も・・・何度も、そう言って、
遺産相続を7年程スルーしたのに


どうしても、
そうはいかない状況に追い込まれ、
8年程経ってからやっと遺産分割の話を進め、
実家を売って遺産を分割して、姑を引き取り

阪神淡路大震災が起きた年
1995年(平成7年)息子が9歳の時
家族4人が住む1億の家を建てた
その後は、過去に書いた感じで、
およそ13年と9ヶ月後に・・・
家族は崩壊してしまってる。


遺産という私に全く関係ない大きなお金が、
動いたわけだけど、
結局は・・・
幸せはお金では買えなかったかな。

たぶんさ・・・お金を得たことで
人の心ってのが目に見えない部分で
変わっていったんじゃないかなと思う。

私が一番、考えられないのは
旦那様の姉2人は遺産をぶんどるまで、
「母親の心配をしてるから何とかして欲しい」と
懇願して母親の世話もたまにして居たのに
遺産を手にした後、母親と縁を切ると宣言して、
何十年も電話一本すら掛けてこなく成った事実。
当然、私は知らせていないから
実の母親が亡くなったことも知らない。

人間ってなんだろうね、
血の繋がりってなんだろうね

応援して 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

(私のランキングとか注目記事とか▼)
BlogMura Myプロフィール
お気に入りに入れて頂くとかなり嬉しいかも。

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link





お金があるから
幸せとは限らない

ま・・・お金がないと不幸に成ると言うのも
間違ってると私は思うわけだけど。

食べるものが無いほどにお金がないと、
生きていけないわけで
死んでしまうと言うのは有るけど、
今の世の中
色々と福祉面でも充実している訳だし、
お金がないから死ぬ、
という図式は当てはまらない。


何かしらの理由で、お金が稼げないなら、
その理由を、申し立てれば、
生活保護でも障害年金でも受けられる。

住む家があり、食べるものが買えるなら、
自分の生きがいとか楽しみとか、
幸せと思える何かは、
その時の自分のレベルで
見つけることが出来るはず。

butakunn.jpg
私の貯金箱・・・中身は0円(笑)

世の中お金だけど、
幸せは お金とは関係ないと
思えて仕方がない。



ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

Category : 幸せの基準

人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



トラコミュ 50代を 素敵に生きる.2 * 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。