1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準

1億の家から1間生活へと

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


Index LINK
全ての記事の表示

Sponsored Link

★そうね・・・ 私は綺麗事なんか書く気はない

ま・・・
半年ほど前に書いた事があるのだけど

May26,2016
どんなに綺麗ごとを言っても

そうね・・・
私は綺麗事なんか書く気はない

でも昔、このブログを書き始めた
3年前頃とかその後しばらくはずっと、
『私は旦那様を今でも愛してる』
そう書いてた、
その時の気持ちも間違っていない。

その後、
それは真の愛ではなく
情なのではないかと思い始めて今に至る。

今は離れて暮らしてるから
そのように思えるゆとりが出来たから
そんな風に思えるだけで
上に張ったURLで書いた様に、
===================================
毎日苦労させられるだけの酷い人生を
その相手に生涯強いられることに成ったのなら、
人の気持なんか、コロッと変わる
===================================
私が・・・もし今も、旦那様と一緒に暮らし、
あの頃の地獄生活の中に私も居たとしたら
正直書けば・・・
私は旦那様の死を願って毎日を過ごし
心が壊れてしまっていたかもしれないし、
最悪私は生きていなかったかもしれない
あの頃に何度も何度も・・・思ったことだよ。
それほどまでに、
心を病んだ人と暮らすのは地獄

なので、私たちは
あの人の願いを快く聞き入れて
一緒に住むことをやめた
そしてその心からの叫びに似た
「辛いから一緒に暮らしたくない」と言う
あの人の願いに感謝した
前も書いたね・・・

で・・・今の私の本音
私は何故、今になってもまだ、
旦那様の世話を焼こうと思ってるのか。
理由は2つ


応援して 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

(私のランキングとか注目記事とか▼)
BlogMura Myプロフィール
お気に入りに入れて頂くとかなり嬉しいかも。

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link





私がいまだに 
旦那様に関わる理由

私は
本当に心から旦那様を愛し結婚して
最愛の息子を得て最高に幸せな時を過ごせた。
あれから数年・・・
愛は、愛おしさと言う名の情に変わりつつあるが
旦那様には今でも本当に感謝してるし
大事な人には変わりない、
そんな大切な人を壊したのは、
私かもしれないという気持ちが大きいから・・・
March18,2015
旦那様を壊したのは・・・私

そして、
こっちのほうが理由としては大きいかもしれないけど、
私は息子に
苦労をさせたくないのだよ。


私は旦那様とは
正式に離婚をしていて籍が抜けてるので、

旦那様とはすでに赤の他人であるが、
息子は親に対しての義務が多種多様に有る。

通常なら、旦那様関連に関しては
息子が出向かないと成らないが、

色々と話し合って・・・
私がその役を担ってる
私がそれを放棄したら・・・
息子がそれらすべてを行わなくてはならない。

息子は幼い頃から地獄の日常を見て過ごし
実の父親に、自分の息子ではないと言われ
最悪な青春期を数年と過ごしたのに・・・
めげずに大学もちゃんと行って
結婚して家庭を作り
今は奨学金を支払いつつ
29歳で、家族5人の暮らしを支えてる。

私は・・・
そんな息子に
さらなる負担を掛けたくない。

ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



美味しいものを食べると 
心が素敵になるのだよ 



なんとなく10-09 美味しいものを食べると 心が素敵になるのだよ 2

Category : 幸せの基準

人生は、何が起こるか予測できない、
どんな状況に陥っても乗り切る為に必要なのは、
強さじゃなく”知識”なのかも。



ブログ村テーマ* 50代を 素敵に生きる *

1億の家から1間生活へと - 私の幸せの基準
ブログ内検索 Googleカスタム検索

該当の記事は見つかりませんでした。