ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★生活が苦しいなどと逃げるわけにも行かず





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

そういえば・・・
私ぐらいの歳の人に成ると、
冠婚葬祭各種に
毎月お金が飛ぶとよく聞く

普通に生活をしてる人なら、
親戚付き合いも多いのだろうし、
その親戚系の結婚式とか、
成人式に、各種のお祝いごとに、
尚更にご近所の付き合いが多い人とか
職場で友達が多い人とか、
さらにお金の必要な場面が
どんどん増えてしまう様で、

ひとり暮らしになる人の相談を受けた時に
ちょっとそんな話を聞いたけど、
知り合いが多いから、その関連の
冠婚葬祭系の費用はかなりかかるらしく、
生活が苦しいなどと逃げるわけにも行かず
絶対に避けられないから、
その場合は預金を切り崩すとか言ってた。

それが、重なったりもする事があるそうで、
今年の3月頃には、
親類系の、小中高に大学にと・・・
入学祝いだけで、
20万円ぐらい掛かったとか。
(つづく)

実に励みに成っています
応援頂けるとブログを書く励みに成りまする。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
  

Sponsored Link




無理な時に
無理と言えない冠婚葬祭費に
各種の祝い事 など・・・


私の場合は・・・
18歳の時に夢のために実家を出て、
遠いこの地で修行に就職と
結婚までしてしまい、居着いたので、
昔から、遠い親戚とは無縁状態になっていて、
最初の頃はちゃんと対応してたけど、

家が大変になってくると、
もう全てのお金のかかる事に対応できず、
故郷でなにかがあると
両親がこっちの状況を把握してくれて
両親が代わりにというのが多かった。

その辺りは申し訳無いなとは思いつつも、
私はどうすることも出来ず、
ずっと甘えてしまって居たりしたかな。

そして、56歳になって・・・
家を出てもう38年も過ぎると
田舎の、そんな親類付き合いの
冠婚葬祭も滅多な事では無くなってと・・・
それはそれで寂しい出来事だろうけど、
どっちにしても今の私には何もできない、
通帳には19万円しか無いのだ
家賃に光熱費と色々が引きおとされる訳で
絶対に0にするわけには行かない・・・

そんなわけで私は、3人も居る孫にすら、
誕生日とかクリスマスとかお年玉とかも
渡せない状態なんだよね・・・

だから
遠い実家の親類に気など使っていられない、
親にも甘えっぱなしだけど、何も出来ない、
こっちの生死に
関わって来るのだから・・・


そう考えたら、
私のような、財産もなくして預金もない
孤独な一人暮らし状態の人間は、
付き合いをしない方が?・・・
と言うことに成ってしまうのか?

ジレンマに似てる?


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ 



高級北欧食器
安物食材を乗っける気分


昨日友人に買ってもらった北欧食器
▼ iittala カルティオ
なんとなく7-25 カルティオdr冷奴 と お安く天丼2
でも・・・中身は33円の冷奴


” の ほ ほ ん ” Elä rentoutua   
【ネット収益+α】 の入金通帳画像 

* 50代 を語る 私の脳内 *
息子に会えない

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽