ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

私の心は、ネットで救われた部分が在るのかも





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

ブログを書き始めて一週間ぐらいかな?
ようやくFC2の広告部分が取れましたからね(笑)




私の心は、ネットで救われた部分が在るのかも


私たちが家を建てて引っ越して、
私の仕事も軌道に乗り、
子供も元気ですくすく育ち、
まだ旦那の母親も痴呆になっていない頃、
旦那もバリバリ仕事をして頑張ってた頃、

私の仕事の都合で、
インターネットを引くことに成ったのが、
ちょうどWindows98が出た年でした。

始めてのパソコンは楽しくて楽しくて・・・
一気に全てを覚えて、夢中に成りました。

当時はICQという通信手段が主流で、
いろいろな人と出会い、毎日話しながら(文字で)
仕事も順調で楽しかった。



そしてその後すぐに・・・

次々に一気に押し寄せてくる出来事は、

私には、初めての体験で、
何も解らず戸惑い泣くばかりで、
誰かにすがりたくても・・・
誰かに聞きたくても・・・


現実社会には誰も頼りに成る人が居なかった。


「どうしよう、どうしたらいい」


まだ30台の後半だった私には、
本当に・・・何もわからなかった。

色々な事情がある出来事だったために、
近所の知人などに相談する事もできなかった。



いったい何が起こっているの?
その当時は本当に知識が無くて、
何も解らなかったんです。

不安で不安で・・・


でも・・・


取りあえず今の現状だけでも誰かに話したかった。
インターネットの顔も見ぬ友達には何でも話せて、

そう・・・その時は何も解らず、


ただただ、人に聞いてもらいたかった。





そしてその後、

それが何なのかを知る事に成るのだけど。

知ったときにはもっと悲惨なことに成ってた。



インターネットを知って、
あれからもう何年だろう、
インターネット生活が長い私ですが、

今の私が、素敵に生きていられるのは、

その間・・・何年も何年も、支えてくれた

インターネットがあるおかげだと思ってます。




該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽