ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★孫と私 たぶん 他人感覚





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

曇で少し肌寒く感じる、午後・・・
朝必ずシャワーをあびるけど、
シャワー後に寒いと感じるのは珍しい6月後半

今日は孫の話題だね、
数日前に、嫁の母親が
孫を3人連れてお買い物に来た。
嫁の実家が、すぐ側にあるので
嫁は毎日のように実家に入り浸り・・・
なのでたまに、孫達は嫁の母親と買い物に来る。

私の家も近いのだけど、
息子すらも、
私のこの住まいに来たことは一度もない
息子たちと私が一緒に住んでいたのは
今からおよその・・・6年ほど前、
その時の部屋はとても広かった
家賃も高かったので、
私が一人暮らしをすると決めて
息子の家から出た後、
息子たちは一回り狭い部屋に越した。

ひとり暮らしに成って息子たちも越して
およその6年・・・か
私は、その息子たちの新しい部屋にも
一度も行った事はない。
ああ 何と寂しい
親子関係か・・・

遠くに住んでいるわけではないものだから、
自転車で行けば、3~5分という、
たった1kmほどの距離に住んでいるものだから、
『いつでも行けるわ』
そんな思いも多少あったりしたし、
なんとも言えない複雑な感じもあって、
たった1kmのその距離が
10000kmと同じ程に遠く感じる、

息子と仲が悪いわけではないよ、
私の性格がそうさせてる、
私は、激しく気を使う人間だからね・・・
嫁に気を使うのだよ
そうこうしてるうちに、早もう6年か

どっちにしても、
嫁は毎日実家に入り浸ってるからさ、
嫁の実家こそ、最大級に気を使う場所でしょ、
孫に会いに行くことなど、ままならないのさ。

孫と私 
たぶん 他人感覚・・・

私にはもう、孫が3人いるけどもさ、
初対面なわけじゃないのに、
挨拶しても照れたり隠れられたり(笑)
全くの他人という感じだね、
まあ仕事中ってのもあるし話すことも無いよ。

私は、実は・・・子供は大好きだよ、
意外に思われるかもしれないが
見た目がこんな感じなので子供には好かれるよ。
お客様の子どもたちのほうが、
実の孫よりも仲良しだったりする、
毎回買い物時に背後にくっついてきてくれたり、
私のところじゃないと嫌と、泣く子も居る。

なのに実の孫は、私になつかない
(´;ω;`)ブワッ

ランキングに参加してます
励みになりそうなのでヽ(。ゝω・)ノ))よろしくね
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
  

Sponsored Link





★クランベリーが素敵な サンド
ランチ


毎日ごはん作るのめんどくさくないの?
とか、ほんとうによく聞かれるけど、
面倒くさいよ
でもさ、これすら怠けだしたら最悪だよね。

ひとり暮らしに成ってからは結構悲惨だったよ
ほんとに・・・ご飯ブログを作るまでは、
ほんと、ご飯とか適当だったよ。
野菜はとにかく食べたけど、
盛とかしないで食べた事もあるよ。
でも、それに比例して、
人としての色々が失われていくことに
気がつく訳ですよ
心が、何とも寂しい感じで埋まっていくと、
人間は、ちょとちょと駄目になる気がするよ。

ならばと奮起して、
素敵な食器をポイントで1枚1枚揃えていき・・・
食事は素敵に取ろうと努力を始め、
ご飯ブログを作って写真を載せるようにしてしまえば
私はちゃんとした食事を摂るだろうと踏んだ。
そうこうしておよその2年です。
そして今はこんな感じで、
前向きに素敵に生きようと思えるように成れた。

全ては自分のためです、
自分が可愛いなら、
自分で自分を変えないと変わらない

なんとなく6-28 クランベリーが素敵な サンドランチ2

ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ 

” の ほ ほ ん ” Elä rentoutua    
(平均)21日勤務 【パート給与支給明細書】
初公開 私の節約型洗濯器 (´・ω・`)

* 50代 を語る 私の脳内 *
対応していけば 事件は起こらない

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽