ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★素敵な変色ピーマン





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日は
例の指の骨折の再レントゲン日、
2週間以上経っても
まだダメージは残ってるね。

最初の日に
「爪がもう浮いてる爪は剥がれる」
って言われてびびったけど・・・
すぐに剥がされるのかと勝手に思ったけど、
そんなすぐには剥がれないらしい、
(´゚д゚`) よかった。


今日はどうでもいい話だけど・・・
生活苦の私には嬉しい
ピーマンの話。
なんとなく5-14 見切りの新鮮ピーマンは買おう
ピーマンは完熟すると赤くなる
栄養価は
赤に近づく毎に
どんどんアップする

http://search.yahoo.co.jp/
変色ピーマン 栄養価アップ
赤ピーマンはビタミンなどの栄養価も
2〜3倍にアップ
上のような中途半端なピーマンは
何故か毛嫌いされるために
激安で投げ売りされる

絶対ゲットすべし(笑)
彩りが綺麗なので私は上の写真感じで使うけど、
ほっとくとオレンジ色がかなり濃くはなるね、

収穫後の冷蔵庫じゃ・・・
完全な完熟赤ピーマンにはならないけど、
かなり赤色に近い色には成る(体感済み)
赤色に近づいていくと、
どんどん苦味が薄れて甘みが出てきて
美味しい
(素敵保存)ピーマンをキッチンペーパーで包み
ジップロックバッグで密封し冷蔵保存


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

Sponsored Link






手抜きブログ de 
手抜きチラシ寿司 na 感じ で


二人前半額の299円のチラシ寿司を
ちょっとだけ素敵にして・・・
晩ご飯と朝ごはんに
一食分はおよその190円って感じで。





コメントへの返答
コメントは部分のみの抜粋記載
>グレーの部分が頂いたコメントの一部

★○ー美様 57歳 女性
>毎日読ませていただいています
>前日の夜の分は朝にお昼の分は夕方に
>ほぼ新聞のような感覚で読み忘れもなしです

最近は・・・昼晩と、2記事書かない日も
あったりしまして申し訳ない感じです。

>50代も後半ともなれば人生も終盤への入口に立ってる感じで、
>先がそれほど長くも無いだけに、
>あら?わたし大丈夫かしら?
>と思ってるところに色々な事があって…
>でもまぁ言わないだけで皆それぞれ色々あるんだなと
>言うことに気が付くのもこの年齢なのかな?
>と思う今日、この頃。

50歳代って心も不安定で悲観的になる人が多いって
60歳代に成ると心も図太くなって居直ると・・・か何とか、
ネットだったか本だったか忘れたけど何かで読んだ
そんなふうな感じの言葉を・・・何処で見たのか?
検索して探そうとしたけど見つからずだけど、
な~んか、そんなのが少し解ってきてる気がします。
確かに、仰るとおり皆それぞれ色々あるよね、
何も無い人なんか、たぶん・・・居ないよね。




★Kiyo様 55歳 女性
>洗濯機を消費税が上がる前に
>購入された方がいいと思います
>病気を回避する意味でもいいと思います。
>手で絞っていると水分が残り雑菌臭も発生しやすいですし
>(中略)脱水があれば時間も短縮できて、
>自分の時間が有効に使えると思います

洗濯機ですよね・・・はい そうですね ご心配をどうも。
やりたい事のたくさんある私は時間の大切さは十分解ってたり
それでも、わざわざ洗濯は手洗い、通勤は自力の自転車、
それらの時間ってのも、実は私には大事なステキ時間って
思ってたりするんだけど、時間の無駄使いには見えるかもね。
文明の利器の素敵な製品は確かに素晴らしいから誰もが使う、
時間短縮の楽ちんバス通勤も似たような感じかな。
それらを、絶対使わないなんて私は言わないから大丈夫です
もっと年老いて足腰も弱ってきたら、絶対に頼る予定です。
前回に引き続き今回もコメントをどうもありがとうございます。


>頑張ってくださいね。
はい どうもありがとうございます。




 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽