ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★何だか怖いかもと思えたりした。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日は病院だった。

もう指先の骨折から8日も経ったので、
普通にしていると大した痛みは無い。

でもま・・・指先の骨が折れて居るので
振動やら接触が有った時とか
何も無くても、稀に痛みがある場合も有る程度。

マジで本当に大したことは無いんだよね。
でも診察中に指をちょっとだけ”ぐっ”とされて
「あぁ 痛い」などと、つい言ってしまったものだから、
ってか、触れられれば、やっぱ痛いので・・・
「ああ結構な痛みがまだあるんですね」と、
鎮痛消炎剤を処方された・・・

5-6 ナパゲルン クリーム 3%

でも塗ってみると、ジンジン感がなくなった
ああ・・・あの、ジンジンする感じも
いわゆる痛みの1つだったんだなと気がつく。

もう、8日もこんな感じだと
痛みに慣れてきてしまったのだろうか、
痛いのか、そうでないのかとか言う、
感覚的な物が麻痺してくるんだなと知ったりと、
いずれにしても人間の体って面白いなと
改めて思ったりしたかな・・・

ああ、それで思い出したけど、
かなり以前に、仲良しの70歳ぐらいのお客様が、
「膝が悪いけど痛みにも慣れてしまったよ」とか
っそんな事をおしゃっていた事が有ったな・・・

それは良いことなのか悪いことなのか、
痛みに対して心が強くなっていくという意味では
良いのかも知れないけど、

本当は痛いのに痛みに慣れてしまう感覚、
何だか怖いかもと思えたりした。


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

Sponsored Link





ライスボール
なかなか楽しいと言うか美味しい。

★爪は剥がされず 
ライスボールをもって病院の帰りにランチ 


コレは、中身を変えて
色々な事をやってみたいかもです。
たこ焼き器 面白すぎ。

5-6 たこやき焼器でライスボール

あらま・・・丸い方は安いんだな。


私のは四角・・・
エディオンでワゴンセールだったから買ったのに
500円近く高いじゃない(怒)
なんとなく5-05 たこやき焼器でライスボール 2







コメントへの返答
コメントは部分のみの抜粋記載
>グレーの部分が頂いたコメントの一部


★fmiya様 56歳 女性
>人生は終わって見れば+-ゼロなんじゃないかなぁと。
>人生の終着点、華やかな一時期を過ごしても早逝したり、
>長生きしても子や孫に年金をとられたり・・・。
>いいことも悪いこともあって、一生平穏で最後まで
>思い通りの人生を手に入れることは誰もできないと感じます。
すごい長文を分割送信で③こ頂いています、

気になる部分だけを、一部抜粋してコメントしてみます。
人生・・・ってのは予想外にどんどん変わって行くから面白い、
思い通りと言うか・・・将来の希望とか?
私の場合はそんな物は余り無かった様に思えます。
その時の状態をただ受け入れて気がつけば変化していく感じ?
人生プラスマイナス0・・・hmmm 何がプラスで何がマイナスか、
考え方の違いで最終的には自分が判断することなんだろうなあ。


>いずれは息子さんが面倒をみると
>言ってくれていることが支えとなり、
>元気なうちは頼らないけど
>最後の最後には頼れる処があることが、
>ガムシャラに働かなくともなんとかなる、
>無意識のうちに余裕となっているのだと思います。
>とはいえ少しでも貯蓄を増やすには今しかないとも思います

ん?・・・私は息子の世話になる気は微塵も無いよ
2014年09月14日 (日)の記事だね・・・
★考え方の違い頼りたくない早く死んでと願われたくない。
息子が、私にそう言った事があると(面倒をみると)
このブログで一行ほど書いた記憶はちゃんとあるけど、
そんなものは微塵も宛てにしていやしない頼る気など無いです。

私の最後は自分の部屋で孤独死か病院でいつの間にか死亡
そんな締めくくりで良いと思っているし、
葬儀についても無しで良い、墓も要らない骨も捨ててくれと遺言
むしろ、最後だけ息子の世話になるとか、
そんな考えとんでもないし、私には絶対にあり得ない・・・ね、

退職して老後に入る前までに、息子に言っておくことにします。
『もしも私に何かあったら私の年金で病院に突っ込こめ』と
私の将来の年金予定額毎月9万円程(現計算)
ひとり暮らしの介護療養型医療施設費用10万円程度(現在)
いや そうならないように最後まで踏ん張りますけど・・・

と 私には、今・・・余裕的なものなど何も無いけど、
自分を信じているので、ある程度の自信はあるかな?
その自信みたいなものが、
心の余裕を生み出しているだけです。





★ようこ様 54歳 女性
>前回もコメントさせていただきました。
>悶々する…のやつです笑
>あれからもちらっと悶々?しながらも、
>あー、ちゃうかったんやー、
>…て、ちょいヤラレタ感じですわ
>正直、食費光熱費くらい払ってもらったらどうですか

はい、12月のコメント、ちゃんと覚えていますよ。
相変わらず、もんもんとなる要素がまったく無くてすみません(笑)
何しろ友人は、彼が18歳ぐらいから知ってる人ですからね、
恋の相談、恋人との喧嘩の相談 とかね・・・面倒くさい(笑)
そんな相談とか、愚痴ばかり聞いてきた13年ですからね、
いまさら、何も変われないし変わらないですよ。
今はそんなに悩んだ恋も終わった後だから、暇そうでね
暇に付き合わされてるのを良い事に、
私が逆に利用してるのかも? って感覚かな?
御飯を作るたびに、友人も気を使って食材代を出そうとするけど、
カメラもらったり、キーボードもらったり、なんか毎回もらいっぱで、
外出しての外食代とかも、出してもらったりして、
実のところ・・・あっちのほうが大赤字でしょうねえ・・・(笑)
ま、移動もあったので、もうなかなか会えないだろうし、
いつもの以前の日常へと・・・ 





 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽