ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★昨日のブログの続き風を少し。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


おはようございます。

あたりまえのように・・・
おばちゃん必死タイムですので、
早起きですよ。

そのために昨晩!!
朝食は半額でサンドイッチをゲットしておいて、

少しだけ早めに寝たのです(汗)

どうしても欲しいものがあったので、
いつもはゲームをやってから寝るところを!!
ゲームは昨晩は我慢しまして早寝早起きです。

簡単朝ごはん79円
簡単朝ごはん79円です!


朝ごはん
私は朝ごはんと言うのを食べないので・・・
いつも11時ごろに朝昼兼用なので、

ついでに他人の朝ごはんも覗き見る・・・
みんな結構ちゃんと食べてるんだ




私は、昨日のブログで、
旦那の姉
叉・・・思い出して、
むかついてたけど、


あの人達の事は
ある意味完全にとっくの昔に
あきらめた人達ですけどね・・・

家を売れ売れと数年間言い続けて、

その間の会話の中で、
旦那の言葉「おふくろはどうするんだ」

に対して、旦那の姉二人は、
口をそろえて、
「知らん!あんたが面倒見なさい」

即答でそう応えたのですから・・・

あの人達が実の親を捨ててから19年以上、
自分たちもそろそろ老いてきて、
旦那より確か7~8歳歳が上なので、
64歳ぐらいのはず。

親にした酷い仕打ちは、きっと自分にも返って来る、
私はそんな風に思えて仕方が有りません。

生んで育ててくれた親と縁を切るなど、
私には到底理解できないことです。


でも、

旦那も実は同様だったんですよね。
旦那も同居していながら口も聞かず、

旦那自体も実は、
親を憎んでいたし嫌いだった。


世話も何もかもを全て私に押し付けて、
蚊帳の外で傍観していただけに過ぎない。

私もきれいごとは書きたくは無いので、
過去のブログで結構ひどい事を書いてるように、
私も旦那の母親は嫌いだったし、
酷い事も沢山思ってた。

でも私にしたら、愛する人の親なので、
ちゃんと面倒を見たという自負が確実にあるけど、

痴呆が悪化して手のつけようの無くなった頃、
旦那の母親に対して酷い扱いをした事も有るから。
私もあまり偉そうなことはいえない。

歳をとると、
そうやって
過去の自分を振り返り
反省する物なんだな・・・



また少し落ち込んだりもしたけど、
気を取り直して・・・

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽