ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★フルタイムで働かない理由





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

昨晩もブログをサボタージュっと、
最近やる気がないの

と言われそうだけど、
やる気が無い訳じゃなく時間がない

昨日はあれ腰痛のために集中力がなく、
とにかく体が冷え切っていてしんどくて、
帰宅後すぐに
半身浴を2時間以上も楽しんでしまって、
出てからも、用事があって忙しくて、
気がつけば、夜中の3時過ぎと、
半身浴で疲れきった私は寝てしまった。

かろうじて気力は有るけど、
肉体はどうしても、
ついてこれないらしい。
まだ56歳なのに、
駄目な人だな


と自分でも思うけど
実の所、この歳の生理はかなり辛い。

ま、まだまだ終わりそな感じじゃないから、
当分はまだ、こんな感じで
更年期との戦い


気力とか精神面は何ら問題がないので、
かなり、ましな更年期だと思うけどね、

更年期障害で心がやられると最悪らしい。
息子の友人の母親がそうだったね、
3年間買い物すら行けなくて、
ご飯も全く作れなくなったらしくて、
家で寝てばかりで引きこもったそうだし、
ま、人によって千差万別って感じなのだろう。

そして今朝もシャワーが長すぎて、
色々と、遅れ気味では有るかな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 

(´・ω・`)
気が向いたら応援して



” の ほ ほ ん ”

サブブログ(家計簿&預金 収益系)
出費が増えた原因は十分にわかってる
貧乏生活のくせにと自己反省するんだが


Sponsored Link





そう言えば、
生活苦なら
フルタイムで働けばいいのにと、
当たり前に良く言われる

私が
フルタイムで働かない理由

昔は自営業でしたし、
若い頃は
12時間とかでも20時間とかでも平気だったし
〆切が、きついときは、
48時間とかの完徹2日など平気でやったけど、
全てデスクワークで座った仕事。

今この歳でも、デスクワークなら
12時間~15時間程度は平気だと思うけど、
でも完全立ち仕事の8時間はきつい

8時間労働として、拘束は9時間、
通勤の行き帰りに買い物時間と
帰宅してからのご飯制作の立ち時間を入れると、

休憩込み拘束時間9時間、
通勤前後の付属時間を
現状と同じように加算すると拘束11時間
その間、完全に立っている時間は、
およその9時間半

帰宅前と帰宅後のシャワーやら
掃除やお洗濯に食事などの作業を足すと、
およそだけど、
1日12時間ほどは
立ち作業?


およそ1日の半分の時間を
立って過ごすとか、

しんどい
(´;ω;`)ブワッ


今の9時間以上~立ちっぱ 
ですら しんどいのに、
更に3時間立っておけとか無理。


しかも
1日 3時間勤務が増えると、
国民健康保険料の減額処置がなされず、
国民年金の減額や免除もなされず・・・
当然、所得税も組合費も増額され引かれ、

と書く以前に、
現在8時間勤務の場合、
社会保険に加入させられることに成り、
(今年10月から強制加入方式)

1日+2400円上がったとしても、
結果的には、減額処置が無くなり、
手元に残る +プラス分は大して無く、
しかも私に時間が無くなり・・・っと
全てを総合的に計算すると
マイナスに転じる。


一人暮らしで
色々と減額されて生きてる私が
8時間勤務にすると

引かれるものが凄く増えすぎてしまい
時間が無くなり、内職も出来なくなるし

ネット稼働時間もほぼ無くなり
ささやかな希望のネット収益は見込めなく成り、
今より遥かに生活が厳しくなると言うか、
多分生活できなくなると思います。

と言うか・・・健康とか
心の安定も測れなくなって、
危ない気もします。


世の中のシステムっていうのは、
案外
不バランス

に、できてるのかも知れません

必死に働くだけが脳じゃなく、
如何に、計算高く、
賢く生きて行けるかが
ポイントなのかも


気が向いたら応援して 
多少励みには成るかな

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 




ご飯だよ
★手描きマグに 手描きプレートに
marimekko に アボカド押し寿司 に


コレは・
marimekko
2-16 これは marimekko

 

marimekko Siirtolapuutarha

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽