ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

ただの【うつ病】で記憶が戻らない事もある 





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

昨日は
朝早くから起きてしまったので、
夜になると眠くて眠すぎて・・・
凄く早めに眠りについてしまった。
凄く珍しいことですね。

朝8時まえに一度目が覚めたけど、
再び寝るを3度ほど繰り返したら、
山のように、夢を見るはめに(笑)

あまり思い出さないようにしていますが、
夢では容易に見てしまいます。
全部・・・旦那様の昔の頃の夢でした
あの人が、病にかかり始めた頃は、
まだ何も解らなくて、
突然車に乗れなくなり、
突然、会社を辞めてきた。


思い出したことは、
そうね・・・あの頃からすでに
記憶混濁とか、記憶の欠乏とか、
色々な記憶障害はじつは有った。

【うつ病】 
記憶が戻らない事もある 
http://websearch.rakuten.co.jp/
うつ病 記憶障害

そこには・・・
記憶の中枢として知られる
脳内の海馬などの機能低下で、
アルツハイマー病の ように
一時的に記憶力の障害が出ることが有り、
うつ病の記憶障害は一過性 のものであり、
回復すれば元に戻ります、などと・・・
記載されていますが。

うつ病が、回復せず継続する
もしくは、うつ病から、
別の精神疾患へと移行すれば、
記憶は戻らないどころか・・・
私の旦那様のように
どんどん記憶障害は悪化する事もあるよ。

初期のうつ病の頃は、
①個程度の記憶障害だったとしても。
1年 2年と 続く内に、②になり⑤になり
⑩に成り・・・どんどん その数を増やして行った
すべての場合がそうとは言えないだろうけど、

久しぶりに会った、
旦那様の記憶は、以前よりも更に失われ、
たぶん、もう 過去のことは
何がなんだかすっかりわからないはず。


なので、話がトンチンカンで
少し可愛らしく見えたけども、
基本的な部分の
キッチリした性格部分ってのは変わらないので、
精神疾患による、記憶障害の併発は
凄い苦悩に成ってそうだから、
更に脳内で自己防衛本能が働き、
どんどんと妄想の壁を厚く張り巡らすのかも

「ちょと軽度のうつよ」なんて
たかをくくって放置してると、
実はとんでもない事への入り口だったりする。

うつ経験者は、15人に一人ですよ
うつ
放置しないで
ちゃんとそれなりの対策を
したほうが宜しいかと思いますね。

もし家族におられるのなら、
そう言って脅しちゃ駄目ですよ。
本人が見て知る場合はいいけど、
家族が、なんとかしたい場合
その対応が実に難しいのだよね・・・

(´・ω・`) 応援してください。

励みになるんで・・・ はい

サブブログ(家計簿&預金 収益系)
ころんのほほんころん
【10月 】超 絶 節 約 宣 言 発 動
『死期が近いんじゃないのか』とか


Sponsored Link





今日のランチ
タイトルとご飯は全く関係ないですけどね
★誠に申し訳なく御座候でごめんちゃい

▼ポチで 
今日のおすすめは塩鮭トマト
10-04 今日のおすすめ塩鮭トマト




そういえば
9月は出費が多すぎたので、
10月は超貧乏生活を気合で頑張る予定、
もうね・・・ほんと絶対 がんばる。


ではまたね・・・
応援していただくと嬉しいです
 



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽