ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★記憶障害





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


ふう・・・疲れました 
の一言に尽きるかな。

今日は旦那様と各所の手続きでした。
ま・・・要するにお金が動く話ですね、

なのでめんどくさい訳です・・・

精神を病んでも
そういう関連の処理や計算能力には長けていて、

私たちが見落としてしまいそうな・・・
数円の間違いですら的確に指摘して来ますので、
金銭面に関わる話には、実は時間がかかります。

むしろ、前よりも細かい性格になったなと、
今回の件では思いましたね、

ただ・・・以前よりも穏やかになった様なので、
間違いに対する苛立ちを、表面に出す事は無く、
常に沈着冷静に、的確に指摘していく感じですね。

ただ・・・問題なのは、
精神を病んでおりますので、
人が信用できない、
誰彼かまわず常に疑うわけです。

私も、疑われましてね、
免許書を見たいと言われたぐらいです。

私は今年の4月ぐらいから・・・
かなり瘦せて頬がこけたので
別人だと思った様です。

まあ・・・そんな訳で、私が立会人となって、
沢山の書類とにらめっこしつつ、計算して確認して、
支払いが滞っていたお金を受領して口座に入金し、
支払うべき物はすべて支払いと、
とにかく金銭がかなり動きました。

これで書類面は一応・・・終了と相成りまして、
次は・・・
8月に病院へ付き添いで行く予定ですね。

その後に、何とか良い物件を探して、
引越しさせたいなと思います。

今の住まいは冬の結露が凄かったらしく、
壁がカビで酷い事になっておりまして驚きました。
あんな所に住んでいたのでは、
別の病にも成りかねない・・・

精神を病んだあの人は
とにかく、人が信用できないのですから。
物件探しは無理です(断言)

私が一緒に動いてあげないと、
無理ですね。


とことん付き合う つもりで居ます・・・

(´・ω・`)






サブブログ
(家計簿系)
★私にハッピーエンドは無い・全ては真実なのだから
★過去に失敗した人の家計簿は人生教訓的な感じ

(ブログの収益系)
『まったり 生きて 暮らしを楽しむ』





とりあえず 
本当に長い時間もかかったし
良く歩いたので・・・疲れた 

なんていうかなあ・・・

昨晩は、
「今凄く・・・いとおしいと思えて しかたが無い」
と書いたけど

愛情というより、
人間としての なのかも。

確かに・・・
いとおしいと・・・思えた気持ちは有るけど、

今日などは、
ずいぶん長い時間、話をしましたけどね、
記憶障害は・・・以前よりまた増えた様で、
記憶が無い部分が多すぎて、
話のつじつまが、あわないなど多かった。


本当に・・・久々に、
先週の16日(木)と今日と話してみて、
あの人も他人行儀で話しすぎるので、
知らない人と話している様な錯覚にすら
陥るんですよね。


記憶障害って本当に怖いですよ。

永い間・・・精神を患って、
あげく・・・記憶障害が出てきてしまい、

家も売却して別々に暮らしたのは、
あの人が切望したからなのに、

それを望んだ記憶すら、
今の・・・あの人には無かった。







応援していただくと嬉しいです
 


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽