ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



歳をとると、多少は自分の体を大事にしますね・・・(汗)





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


仕事前のブログです。

今日の朝昼兼用ご飯は、
昨晩買って来た半額海老サラダで、
昨晩の夕飯と同じように、
黒の雑穀で寿司飯を作り、

海老サラダ手巻き寿司にしました。

写真は撮ってませんが
昨日の写真と似たような感じ ↓
黒の雑穀米で御寿司

海苔が高いので、海老サラダ手巻き寿司も、
250円ほどのご飯に成ってしまう。

何にしても、
黒の雑穀米は、何にでも対応して、
美味しくいただけています。




昨日は、仕事中から耳下腺が痛くて、
耳下腺と言うか耳の下あたりとか頬あたりかな、
あれ?叉風邪かなと思ったりしてたんで、


オンラインゲーム後
(これを休む事はまずめったに無い笑)


何もせず、おとなしく2時には寝ました

いつもより2時間も早寝です。

歳をとると多少は
自分の体を大事にしますね




30代の頃とかは、
凄く大変な時期でしたが、

一睡も出来ないとか、
睡眠が3~4時間しか取れないとか、
そんなのざらで、
少し風邪気味でも何もしませんでしたね~

私の代わりはいないし
誰も頼れないけど、


自分は何とかなると
思ってるからなのか?


自分の体の事なんか、
全く振り返ってみたり、
気を使ってみたり、
しませんでしたね・・・



まぁ・・・

私はあの頃は超健康体で
体力も気力も溢れていたかも

もし私が気弱で、病気がちの人だったのなら、
最初の痴呆介護の時点で終わっていたかも。




たいていの人は、私の今の歳ぐらいで、

旦那の親とか自分の親の

介護をするのが普通だと思うけど、


私は30歳台の後半で、
旦那の痴呆の母親の介護をした。
思えば体力も気力もある
若い時期でよかったかも。


もし私が今のこの歳54歳で、
あの
地獄の痴呆介護
を任されたとしたら、

体力的にも精神的にも、
若い頃の2~3倍ぐらい、
つらいのでは無いかな?

これから介護をなさる方としてる方・・・
大変でしょうけど、頑張ってください。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽