ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★生涯 あの人の妻で居たいと願っています。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


今日は
少し用事があって出かけていた。
今日から3連休なので、
今日のうちに色々動きたかった。

仕事がある日は、
個人ごとはなかなか出来ない
孫の入学のお祝い金5万円を持っていこうと、
息子の所にも行こうとお嫁さんに電話したら、
携帯番号が変わってしまっていて
繋がらなかった

実は、初孫が、まもなく小学一年生

なので夜にでも息子に電話することにした
あの子達は、子供3人も居て大変だから、
つかまえるのは大変なんだよね

今日のおうち仕事の内職品も届けに行って、
新しい仕事を二つもらって帰ってきた。
今日は送料が浮いたので、
経費と税金を差し引き3900円の収益です。
1時間半ぐらいで完成したので、
まあまあ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 







さてこの件を書こう。
今まで絶対に書けなかった事を

それについては、
一度も明確な事を書いた事は無いです。

でも流石に先日、色々とあったので、
今後、その辺りが関わってくるので
ちゃんと書かないと矛盾が出るわけです。

あの人は行方不明になった。 (02/17)



明確に書いた事が無くても、
そうだと思い込んでいる人も居るだろうと思うし、
おかしいな どうなのかな と
思った人も居ると思う、
でも私は明確に書いた事は無いです。



さっきも書いたけど
どうしても書けなかった

それを受け入れたくなかった
回りの誰にも
それを知られたくなかった。


なので
同僚も昔の知り合いも
ほとんど知りませんね。


私は、ブログでは
いつもあの人の事を
「旦那様」と書いているけど、


実質的には、
もう旦那様では有りません。

私たちは、
家を処分したあと、
正式に
離婚をしています。



苗字は前のまま残しました。
生涯このままの、
あの人の苗字で生き続けます。
旧姓に戻す事は絶対にありません。


離婚して籍を抜く事は、
あの人が要望しました。

旦那様の記憶障害は酷く、
出会った記憶も、結婚した記憶も無く
私が結婚して籍に入っている事に、
どうしても納得できないあの人が居ました。


家を売って、籍を抜くことで、
赤の他人となった私は、
その後の
あの人のケアは何も出来なくなりました。


なので、今回起こった件は、
たまたま、私があの人の家を決める時の
第2保証人で有ったために連絡が来ただけです。
赤の他人だけど、いちおう保証人なんで


私は、その電話を受けて、
色々動こうと思ったのに、
私にはその権利は全く無く、
息子の委任状が無いと
正式に動くことが出来ない。


見守るしか無い
と言うのは、そういう意味です。


私は離婚の書類に印を押したけど、
赤の他人になったけど、
気持ち的には、
生涯、あの人の妻で居たいと願っています。


なので、私は、今後も
あの人の事を、
旦那様と書くと思います。


公的機関には、
息子は忙しいので電話に出れないので
先に私のほうに連絡をくださいとお願いしてあり、
その辺りは、ゆるやかな規制なのか、
了承いただいています。

あの人の所在が、
早く解る様に祈っています。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽