ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★ 人権保護という名の元に放置を行う現実





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


今日は公休日なので、
色々と聞くために朝から出かけた。


生存確認とかその他もろもろの為に、
公的機関ができる事は少ない

いや、私はちゃんと、
その辺りは解っていただはずなんだけど、
現実を改めて思い知るという感じですね


まず昨日即日で行って頂いたのは
病院における受診経緯の調査と
その中身についてだそうで・・・


精神科の受診については、
統合失調症による障害年金を受給する為に、
必要不可欠らしく、本人の意思で病院に受診し、
その証明のような物を取得しなくては成らないので、
定期的な受診が決まっている模様で、
受診記録は、昨年の11月で終わっていて、
その後の通院記録は無かった。

受診経過的には、病を治すための受診というより、
年金需給の為の義務的な物と推察できる。
発病当時からの事を、このブログで時折書いているが、
あの人は、クスリに対する不信感が非常に強い為、
こんなに悪化して来ているとも言えるのだから・・・


その後の対応としては、
障害年金の振込み後の流れを
調査すると言ったもので、
振込先の銀行関連に、
公的な理由により公示して頂くという物で、
その他、振込先ではないが、
使用している2つの銀行に対しても行われる。

そんな事はもちろん一般人の私に出来ようがなく、
国が正式に対応してこそ、
銀行側が提示するという代物、
要するに、振り込んだお金の流れを、
全て把握するということらしい、
何時の何時にどこでそのお金を引き落としたか、
それによって、家の中に引きこもっていて、
生きるために、食べるために、
ちゃんとそのお金を使えているかの
全てが把握できる。

そこでやっと、
生存の確認等が
ある程度は取れる


人一人の生存を確認することなのに、
こんな風にも、話しは付け加えられた。
「銀行によっては、その提示に一ヶ月ほど掛かる」

調べる事情の理由が・・・
生存の確認となって居るにも関わらず、
この・・・
依頼する公的機関の緊迫感の無さに加え、
銀行側の対応の鈍足さはなんだろう。
人命にすらも関わってくる問題だと思うのに、
所詮冷たい書面上のやり取りでしかないのか
と呆れた。

(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 

こっちもよろしく
貯金も頑張る ただの貧乏人のひとり事
たまに家計簿とか預金とか支出とか
金銭面はこちらで書いています。
” の ほ ほ ん ” 





そして、それらが提示されて
生存確認が取れても・・・
家に居るのかいないのか、
何所に居るのかがわかっても、

病気が最悪的に悪化して、
生存すら危ぶまれる状態になっていようとも、
公的機関に一切の強制力はなく、

この現代は、
人権保護という名の元に、
放置せざるを得ないという現実が控えている。

精神崩壊を起こし、
自己判断が何も出来ない状態になって居ようが、
その為にそれが理由で亡くなってしまおうが、

本人の意思を得られない限り
国は一切を放置する・・・

それが日本における現実である。

そう、精神疾患者にも人権が有り、
入院すらも、
本人の同意が得られないと出来なかった。
あの昔を、朝から思い出す羽目に成った・・・

結局それって、
自分の意思では物事をまともに考えられない人に対して、
「ちゃんと人として認めているよそれが人権だよ良かったね」と
優しい言葉を掛けつつ、

見捨てている部分が
ある気がする。


法律って時に、酷い・・・


いや・・・私も同じ穴の狢かもしれない
私は、
そんな事は十分すぎるほどに大昔から知ってる
そして、生存がわかって・・・
病状の悪化がわかったとしても、
生きていて最悪の状態に成っていたとしても・・・

私にできる事も、ほとんど何もない

それが、長い間一緒に暮らして
あの人と共に、
精神疾患と戦った私の言葉です。

本当に救いたいと願っても、
本人の意思を得られなければ、
国の方針がそれを完全に拒む。
見捨ててしまう・・・

そういう世をどう思われますか。



(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽