ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★ 自分の事を”名前”で呼ぶ人に驚きを隠せず、引いた・・・”お正月”





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


ふう・・・ 
ゆっくりしすぎなぐらいゆっくりした。

今日は本当にゆっくりした・・・
朝から料理を作り楽しんで、
動画を見て楽しんで、
スカイプで話しつつ、文字でも会話をして、
夕方には、ゆっくり半身浴を楽しんで、
再び動画を見た。


今日見たのは、
猿の惑星 創世記
猿の惑星 新世紀
下妻物語


この3本。

いつもは、しゃべる以外、
空気的には音も無く静かな方が多いのだけど、
正月は、賑やかに過ごすのが良い感じ・・・



(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 

こっちもよろしく
貯金も頑張る ただの貧乏人のひとり事
たまに家計簿とか預金とか支出とか
金銭面はこちらで書いています。
” の ほ ほ ん ” 


▼私のサブブログです、
こちらでも色々とひとりごとを・・・
なんとなくのご飯に雑貨にひとり言
なんとなくのご飯に雑貨にひとり言










今日の夕ご飯

もちろん”おせち2”

★”おせち2” 昼食べたら夜はつめなおす
それが出来るのが手作り限定


1-1 元日 おせち作りました2



はいはい・・・
もちろん同じ物ですね。
手作りじゃない品を
夜には穴埋めに1品加えました。


これらの今回の”おせち”の
材料は、
全て全部、半額品ー見切り品-無料品
で出来ております。
(卵は、頂いた卵券で無料)




こっちでも”ひとりごと”を少し。

なんとなくの ご飯に 雑貨に ひとりごと▼
サブブログリンク










自分の事を”名前”で呼ぶ人に
驚きを隠せない”お正月”



今日、15時ごろ・・・インしたら、
いつものスカイプ仲間のグループに
知らない人が居た。

ありえないことに・・・
そいつ・・・
男の癖に「XX君はまじめ人間だからさ」とか、
自分の名前で自分を呼んで終始しゃべってた。

イスに座りつつ、
私の心だけが背後に10mぐらい引いた。

そもそも、女子でも男子でも、
自分の事を名前呼びするやつ、
超苦手


女子ならそれは可愛いとしても、
せいぜい・・・中学卒業までで、

高校になっても、自分を○○はねえ~とか、
自分を名前呼びしていたら、
”いじめ”対象物ですね。



(参照*http://search.yahoo.co.jp)
自分を名前で呼ぶ

良い事は書かれていませんね。

一部抜粋
===============================================
女性の場合、変態扱いこそはしませんが
内心「アホや」と思われていると思いますよ。

いい大人が言ってるのを聞くと
はっきり言って気色悪いです。
自分をわざと幼稚に見せて
媚を売る女が大嫌いだからでしょうか。

自分のことを“名前”で呼ぶ女子は地雷!?
「自己中心でワガママ」「ぶりっこ」

自分の事を名前で呼ぶ人は
心理学的にいえば個人が確立していない。
自分の名前を自分で呼ぶということは、
自己を基準に物事をすすめたいという
意思のあらわれ。

===============================================

などなど。

私は、ネットはまあまあ永いので、
十台の女性が、
私はね~といわず、○○はね~とか
名前を使うのはある程度は許容してきたけど・・・

今日は、男性の20歳代が、
自分のことをつい名前で呼んでいたので、
めちゃくちゃ引きました。

「マジでそれ、やめたほうがいいですよ」と、
言いたかったけど、
初めての人なので許した(苦笑)
慣れてきたら、言ってやろう。


ネットでも沢山解析があるように、

心理学的には・・・
自分の名前を自分で呼ぶということは、
自己を基準に物事をすすめたいという意思のあらわれ。

だそうだけど・・・


女でも男でも・・・
自分を名前で呼ぶやつ
私はかなり引きます。
(あくまで個人意見です)




(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽