ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★頼りたくない早く死んでと願われたくない

なんか変なタイトルになったけど仕事に行く前に、読んでいたブログが頭にずっと残っていてね、なんで私と同じ世代の人なのに、子供に頼ろうと思うのか、今の歳の私にはまだわからない。なんで子供は親の世話をするのが当たり前と思うのか、今の歳の私にはまだわからない。考え方の違いだと思う地獄のような老人の介護生活を送ったことが無い人には解らないだろうと思うけど、私はあんな思いを人にさせたいとか絶対に思えない。人に...

★あの頃の私は酷い最低の人間だった

お仕事前のブログです。今日は暖かいなと思ってみてきた、全国の気温の差が激しすぎ。北海道とか九州とか同じ日本なのに、凄い気温の差が激しい・・・(参照*http://weather.yahoo.co.jp/weather/)毎日起きると必ずここは見ます。勤めに出る前の天気も気に成るけど、帰宅時の天気が気に成りますからね・・・お洗濯を毎日必ずシャワー時にするので、毎日干して有りますから今日の朝ごはんは昨日買ってきたワンタンスープ。2食入...

【長期痴呆介護】 私は人に対して冷たくなった、冷めた人間になった。

帰宅後のブログです、今日は、ニンニクを山ほど入れたから揚げを、沢山作り、作りすぎなので、明日もまたこれでしょう。流石に量が多いので、全部は食べません。長期痴呆介護あの地獄の生活から開放されて数年、自由を得て、一人で暮らしている私は、今は多分、苦労した分丸くなって、人間の汚さとか、嫌な部分を沢山見て、まだまだ人間として出来ていない部分が多いのは解ってるが、たった54年しか生きていないが、色々悟ったり...

NO IMAGE

お金や品を受け取る接骨院の医師は許せない

今日はお休みですゆっくり寝ましてすっきりです。認知症って予期せぬことが起るのです本当に甘いものでは有りません旦那の母親多分過去はかなり酷い人だったのかも知れません。実の娘(旦那の姉)二人に完全に捨てられ、同居した実の息子(旦那)にも・・・同居していて尚、無視され放置されていたむかし何があったのか知りません過去の事は聞いていませんし知りません、別に聞きたくも有りませんでしたので、あえて聞いた事も有り...

姑は年金を接骨院の若い医師に貢いでいた

帰宅後のブログです。仕事に行くとき台風の影響で、雨が降っていましたが、おばさんは元気にチャリで通勤しました、もちろん帰りはずぶ濡れ覚悟ですが・・・でも?予想していたよりも雨は少なく、風も言うほど吹いてなくて台風らしくはなく、ただの雨模様と言う風味で帰宅。これからなんですね今日はアルツハイマーとか認知症のお話最初に旦那様の母親を引き取った時私はまだ30歳半ば頃旦那の、歳の離れた姉達二人が、旦那の父親...

もう死んでくれたら楽なのにとか殺意が沸くような出来事も何度も何度も有ります。

仕事前のブログです、今日の昼はもちろん昨日の夜ご飯と同じで、全く同じそのままのヘルシーご飯約80円。(同じなので画像は使いまわす(笑)一人暮らしの場合、食材の関係で、2~3回は、同じ風の食事になるのは、我慢しないと駄目かもしれません、私は平気ですけどね・・・ふふ不足なカルシウムとかその他は、サプリメント等で補うのは仕方が無さそう!今朝は、少し懐かしい夢を見ましたたまに楽しかった頃の夢は見ますね。今現...
このカテゴリーに該当する記事はありません。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽