ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



【続】 崩壊へ(その1) 一生涯、死ぬまで、反省して生きていくと思います。

公休日のブログです。最近疲れ気味なので、昨晩に引き続いて・・・お肉系、今日の朝昼兼用ご飯は、こてっチャン半額を焼く!サラダも半額だったので、たっぷり目に。続き崩壊へ(その1)旦那は、本当に頑張っていました、多分、心が凄くつらかったけど、家族のために、家のためにと、今まで以上の無理をしていたと思います。無理って言うのは、絶対にひずみを生んでいく物なのだと思います。もともと凄くお酒を飲む人でした。その...

NO IMAGE

無理って言うのは、結局叉 ひずみを生んでいく物なのかも知れません。

人間て言うのは、腹がやばいと本当に力が入らない。しかしながら・・・語的には、肝心肝臓と心臓や腎臓は、人体にとって欠くことのできないものであるところから、最も重要なこととされ、(参照*http://dictionary.goo.ne.jp/)腹では無いのだ (笑)お腹を壊したせいで、会社を休む事になった私は、休みになったついでに、色々しようと思ったのに、こう?気力というかパワーが沸かずに、結果、起きてからだらだらと過ごしてしま...

NO IMAGE

私が痴呆介護で仕事ができなくて焦りまくりの時期に旦那は次の仕事を決めた。

木曜と土曜がお休みですので。昨日休んで今日でて明日また休みと言う変なシフトです。さて、これ の続き旦那が、会社を辞めて1年半、私は、本当に何も言いませんでしたが、彼も彼なりに色々考えていたようで、15年も勤めた会社を退職し、その一年半後に、別会社へ再就職と相成ります。その一年半の間に、旦那が何をしていたのか、痴呆介護や仕事で忙しい私には、ほとんど把握できていません。私は焦っている時期でした。家に、...

NO IMAGE

旦那が最初に、会社を辞めたとき・・・私はどうして責めなかったか

ここの続きに成るかも旦那が最初に、会社を辞めたとき、私はどうして・・・あまり責めなかったんだろう。いいえ・・・そんな状況に無かったとも言えるし、聞ける相手でもなかったと言うのが大きいかも。知り合ったいきさつには少し前に触れましたが、出あった頃から、圧倒的な雰囲気が漂っていて、何と言うか、意見を出来ない関係?そんな感じですね、そういう部分がとても好きで、好きになった、と言うのもあります。要するに、完...

NO IMAGE

若さ=無知  「もっと・・・ わかってあげることが出来ていたら。」

仕事に出かける前に、日記を書いて・・・ちょっと昔を思い出してしまい。過去はどうでもいいなと捨てたつもりが、いざブログに書いていこうと思い出していくと、何で、解ってあげられなかったの。振り返ってはあの頃の私を今の私が、馬鹿だな・・・って思ったりする。そんな事が、本当に沢山有るんだよ。人は年とともに色々経験し、色々と新しい事を知って覚え学び・・・明日のためにそれらを反省して、歳をとっていくんだな。若さ...

NO IMAGE

何が起こったのか、 わからなかった30台の後半。

何が起こったのか、わからなかった30台の後半。良く解らない出来事は、ある日・・・突然やってきました。今の、私の歳ならば・・・多少は、色々な知識も有るだろうし、まあ神経が図太くなって来た年なので、多少の事では、動じないお年頃なんですが、当時はかろうじて、まだ30台で!!世間知らずでした。引き取って一緒に暮らし始めた旦那の母親が、だんだんとぼけ始めて、大変な時期にさしかかったと言うのに・・・それすらも、ど...
このカテゴリーに該当する記事はありません。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽